大きいノズルを使うメリット【0.6mmノズルで造形検証】

この記事について 【大きいノズルを使うメリット】

FDM方式の3Dプリンター使われる、標準的なノズルサイズは「0.4mm」です。

 

今回は、1段階サイズの大きい「0.6mm」ノズルを使用します。

 

  •  0.6mmノズルの位置づけ
  •  0.6mmノズルのメリット、デメリット
  •  0.6mmの使いどころ
  •  どこまでの積層ピッチまで耐えられるか検証

 

そもそもノズルって何? と言う人は、下記の記事も合わせて読んでみて下さい。
関連記事

FDM方式の3Dプリンターでよく使われる「積層ピッチ」や「ノズル径」という言葉をご存じでしょうか?   この2つは、造形の仕上がりに大きく関係します。   この記事では、それぞれの意味や関連性をま[…]

 

0.6mmノズルの位置づけ

みなさんは0.6mmノズルを使用したことはありますか?

 

一般的には「たまに使うくらい・・・もしくは全く使用しない」ではないでしょうか。

 

なぜならば、0.4mmのノズルを使用することがほとんどです。

 

しかしながら、0.6mmノズルの特徴を理解すれば、もっと積極的に使いたくなるはずです。

 

最近では、真鍮製ノズルであれば0.6mmノズルでも、安く購入できるようになってきました。

 

0.6mmノズルのメリット

  1. 造形が短時間になる
  2. ノズル詰まりが起きにくい

 

① 造形が短時間になる

0.4mmノズルと比較し、短時間で造形を終わらせることが出来ます。

 

何故早く終わるのでしょうか?

 

理由は2つあります。

 

これは、塗り絵で太いペンを使用することと同じです。
1本1本の線の幅が太くなることによって、早く塗ることができます。

 

ノズル径が大きくなることで、積層ピッチを厚くすることが可能となります。
積層ピッチを厚くすると、造形時間は短くなります。

 

② ノズル詰まりが起きにくい

ノズル径が大きいとノズル詰まりが発生しにくくなります。

 

一般的にノズル内は、樹脂やゴミが溜まりやすいため、それらが通り道の邪魔をしてしまいます。

 

ひどくなると、ノズル詰まりが発生します。

 

そこで、大きいノズルを使用することで、不要な異物も排出されやすくなり、ノズル詰まりを減らすことができます。

 

0.6mmノズルのデメリット

  1. 積層痕が目立つ
  2. 線の太さが目立つ

 

① 積層痕が目立つ

基本的に、1層あたりの積層ピッチが厚くなるので、積層(積層痕)が目立ちます。

 

下の画像は、分かりやすく積層ピッチの違いを比較しています。

1層1層の厚みが違うことが分かりますでしょうか?

 

② 線の太さが目立つ

ノズル径が大きくなるため、1本あたりの線が太くなります。

 

下の画像は、上から見たところです。
違うサイズのノズル径で比較しています。

0.6mmノズルの方が、1本1本の線が太いことが分かると思います。

 

0.6mmノズルの使いどころ

  1. 大きいものを造る場合
  2. 詰まりやすい樹脂を使用する場合

 

① 大きいものを造る場合

0.6mmノズルを使用すると、格段に早く造ることが出来ます。

 

上記で説明したとおり、「線が太くなったり」「積層が厚くなる」ことで、造形する時間が短くなります。

 

そのため、大きいものを造る時は、0.6mmノズルを使うと良いでしょう。

 

② 詰まりやすい樹脂を使用する場合

詰まりやすい樹脂を使う場合は、0.6mmや0.8mmのノズルを使うことをオススメします。

 

例えば、TPU(ゴムライク)は、「やわらかい」樹脂のため、ノズル詰まりが起きやすいです。

 

またそれ以外でも、「PA(ナイロン)樹脂」や「カーボン」などで使うことも効果的です。

 

ノズル詰まりに困っている方は、ぜひ一度試して下さい。

 

しかし、原因がほかの場合もありますので、ご注意下さい。

 

一般的なノズル詰まりの対応方法は、下記の記事にまとめています。
あわせて読みたい

一口にノズル詰まりといっても、いくつかの原因があります。   例えばノズル自体に問題がある場合はもちろんですが、フィラメントの通り道で不具合がおきることがあったり、フィラメント自体が不良を起こしていることもあり[…]

 

普通じゃない積層ピッチで造形してみた

積層ピッチ0.6mmで造形してみた

せっかくなんで、0.6mmノズルを使用して、分厚い積層ピッチで造形しました。

 

通常は、ノズル径の半分くらいを「積層ピッチ」に設定します。

 

例えば、0.6mmノズルであれば、0.3mmを積層ピッチといった具合になります。

 

ところが今回は、0.6mmの積層ピッチで造形してみました。

 

比較用に0.3mm積層ピッチの画像も一緒に張っておきます。

 

↓結果がこちら。

<一つ目>

 

<二つ目>

写真じゃ見にくいですが、意外と綺麗にできていますね・・・。

 

形状確認の用途であれば、これでも良いのではないでしょうか?

 

積層ピッチ0.8mmで造形してみた

次は、積層ピッチ0.8mmでやってみました。

 

明らかに範囲外ですが、興味本位で。

 

↓その結果がこちら。

単純に気持ち悪い・・・;

 

しかしながら、形になっているので驚きました。
意外と出来るんですね。

 

まとめ

項目 説明
0.6mmノズルのメリット ・造形が短時間になる
・ノズル詰まりが起きにくい
0.6mmノズルのデメリット ・積層痕が目立つ
・線の太さが目立つ
0.6mmノズルの使いどころ ・大きい物を造る場合
・詰まりやすい樹脂を使用する場合
0.6mmの積層ピッチで造形してみた ・形状確認なら使えそう
0.8mmの積層ピッチで造形してみた ・積層痕が厚すぎて気持ち悪い

 

今回使用した機種

今回はRaise3d E2を使用しました。

 

下記の記事でレビューしましたので、ご覧ください。
関連記事

この記事について 【【Raise3D E2】どんな機械?特徴を実際に検証!】 Raise3D E2はFDM(熱溶解積層)方式の3Dプリンターで日本3Dプリンター社が国内総代理店で販売されている3Dプリンターです。機能は色々あるよう[…]