Bambu Labカーボンフィラメントを使うと、想像以上にキレイになる【徹底検証】

Bambuカーボンを使ったら想像以上の仕上がりだった

Bambu Labカーボンを使うと、とてもキレイにプリントすることができます。

 

本記事では、以下のことがわかります。

・ Bambu Labカーボンフィラメントの特徴
・ Bambu Labカーボンフィラメントの注意点
・ Bambu Lab製品に関する情報

 

カーボンフィラメントが気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

 

今回使う3Dプリンター・フィラメント

 

① 3Dプリンター

今回は、Bambu LabのA1 miniという3Dプリンターを使います。

 

これまで難しかった「マルチカラー」や「水溶性サポート」を精度良くプリントすることができます。

 

② フィラメント

同じくBambu Labのカーボンファイバーフィラメント(PLA-CF)を使います。

 

後ほどご紹介しますが、仕上がりが良く、シックな感じになります。

 

動画で視聴する

この記事の内容は、動画で視聴することができます↓

 

カーボンフィラメントを使う際に必ずやるべきこと

カーボンを使う前に、必ずやるべきことを解説いたします。

 


「それでは早速プリント!」といきたいところですが、カーボンを使う場合は、専用ノズルに交換する必要があります。

bambulab カーボンフィラメント_焼き入れステンレスノズル

 

その理由は、カーボンは摩擦が強いため、普通のノズルだと内部が削れてしまうためです。

 

通常のノズルと見た目を比べるとこんな感じです↓。黒色の方が「焼き入れノズル」です。

 

1本の価格は2,000円しないくらいで購入することができました。一般的なノズルよりは、やや高め設定かもしれないですね。

 

サイズは0.4mm以外にも、0.6mm、0.8mmが販売されています。0.2mmはありません。他のメーカーでも、0.2mmノズルは非推奨としているところが多いです。

 

では、サクっとA1 miniのノズルを付け替えていきます。

 

カバーを取り外し、六角ネジを2本外します。

 

シリコンカバーを取り、ノズルロックを解除すれば取り外すことができます。

 

逆の手順で取り付ければ交換は完了です。ノズルはマグネットで付いているので、簡単に交換することができます。やっぱり楽ですね。

bambulab カーボンフィラメント_A1miniノズル交換

 

 

いろいろなパターンでプリントしてみた結果

ここからは、いろいろなパターンをプリントしてみました。

 

① カーボンとPLAを組み合わせてプリントしてみる

まず最初は、PLA+CF(カーボン)とPLAを組み合わせてプリントしてみます。カーボンを他のPLAと組み合わせてプリントすることができれば、バリエーションを増やすことができます。

 

まずは、ペンケースをプリントしてみた結果は、こんな感じになりました↓。マゼンタ色は、通常のPLAです。

bambulab カーボンフィラメント_ペンケース

途中で一時停止して、違う色に替える方法があるんですが、継ぎ目が目立ってしまうこともあるんですよね。ですが、この方法だと止める必要がないので、全く違和感がありません。

 

ネジの部分もスムーズに回せています。

 

PLAが主成分のフィラメント同士であれば、プリントできるようです。1種類のプリントにマンネリしている方にはいいかもしれませんね。

 

② サポートを建ててプリントしてみる

続いて、サポートを立ててプリントしてみます。ちなみに、サポートとは「中に浮いてしまう部分を支える仮の支柱」のことです。

 

プリントするとこんな感じ↓。青いところは通常のPLAを使っています。

 bambulab カーボンフィラメント_サポートを建てる

 

サポートを剥がしてみます。ちょっと固めでしたが、パキッと取れますね。ただ、設置面にバリが残ってしまいました。精密ニッパーで大体は取り除けますが、ちょっと粗さが残りました。

 

パイプの中は、ラジオペンチを使います。穴の中は、多少のバリが残ってしまいます。

bambulab カーボンフィラメント_ラジオペンチでサポート除去

 

穴の中にサポートを建てる場合は、水溶性サポート剤を使うと、とてもいい仕上がりになります。カーボンPLAでは試していないですが、PLAであれば、とてもキレイに除去することができます↓。

関連記事:水溶性サポート材を使ったら、かなりキレイに仕上がった

 

③ 積層ピッチを変えてプリントしてみる

続いては、積層ピッチを変えてプリントしたものを比較してみます。Bambu Studioには、積層ピッチのパターンが最初から用意されているので、選ぶだけで良いものが作れます↓。

↑パラメーターは選ぶだけ、調整しなくていいのは、嬉しいです。

 

Bambu Studioの基本操作については、こちらの記事も参考にしてください↓

関連記事:Bambu Studioの基本操作・使い方・機能・ダウンロード・インストール・設定を徹底解説!

 

標準値の0.2mmピッチでプリントしたものがこちら↓。中のスライドもできて、シックでかなりいい感じです。

bambulab カーボンフィラメント_0.2mm積層ピッチ

 

そして、0.12mmピッチでプリントしたものがこちら↓。こちらもとても綺麗にプリントできています。

 

アップにして、比べるととこんな感じです↓。左の0.2mmの方は模様がちょっとボケている感じがします。一方、右の0.12mmの方は、模様がくっきり表現されています。

↑左の0.2mmの方が、光沢感が強い感じがします。光沢感まで違うが出るとはちょっと驚きです。

 

④ 他メーカーのフィラメントと比較してみる

続いては、他社のカーボンフィラメントとも、比較してみたいと思います。使うのはこれ↓。

 

まずはBambu Lab PLA+CFでプリントしたものはこんな感じ↓。

↑黒色が濃く、光沢は控えめです。なんとなく高級感がある感じがします。

 

続いて、CrealityのHyper PLA+CFというフィラメントでもプリントしてみました↓。ハイスピード用のカーボンPLAで、300mm/sの速度で、使えるフィラメントです。

↑こちらも仕上がり具合はいい感じです。やや光沢感が強いかなという感じです。

 

比べてみると、こんな感じです↓。光沢の差が結構あります。同じカーボンPLAでも結構違うもんですね。

 

同じくCreality Hyper PLA+CFでも、カードケースをプリントしてみました。Bambu PLA+CFと比べるとこんな感じです。Crealityの方が光沢が強いです。

 

 

Bambu Labカーボンフィラメントの特徴

カーボンフィラメントの特徴をまとめていきます。

 

① 豊富な色のラインナップ

「カーボン」と言ったら、「黒色」のイメージをされると思いますが、Bambulabでは、いろんな色のフィラメントが用意されています。

 

たとえば、バーガンディレッドや抹茶グリーン、ジーンズブルー、ロイヤルブルー、アイリスパープルなど、合計7色用意されています↓。

Bambu Labカーボンフィラメント_多色

↑通常のPLAより、やや明るさが抑えられてる感じですね。

 

PLA-CFのバリエーションは多いのですが、ナイロン系やペットは、黒色のみとなります。

 

ちなみに他のカーボンは、以下のものが用意されています↓。

・ PETG-CF(ペットジーカーボン)
・ PA6-CF(ナイロン6カーボン)
・ PAHT-CF(ナイロン12カーボン)

 

 

② PLA-CFフィラメントのスペック

↓Bambu PLA+CFフィラメントの性能一覧表です。

項目 PLA-CF
フィラメントの種類 カーボンファイバーインフィル
ホットエンドの互換性 焼き入れ鋼(0.4、0.6、0.8mm)
ビルドプレートの互換性 常温プレート、高温プレート、PEI プレート
AMS の互換性 はい
フィニッシュ ツヤ無し
印刷速度 < 250 mm/秒
靭性(衝撃強度 – XY) 23.2kJ/㎡
強度(曲げ強度 – XY) 96MPa
剛性 (曲げ弾性率 – XY) 3700MPa
層の密着性(衝撃強度 – Z) 7.8kJ/㎡
耐熱性(HDT、0.45MPa) 55℃

※ BambuLab公式ストア参考値

↑ノズルは焼き入れステンレス製で、0.4mm、0.6mm、0.8mmが推奨されています。印刷速度は250mm/秒まで可能で、しっかり高速プリント対応になっていますね。耐熱温度は55度と低く、PLAとほぼ同じです。熱に強くしたい場合はPETG-CFやPA-CFを検討するといいと思います。

 

続いて、通常のPLAフィラメントとの比較をします。

PLAマット PLA-CF 改善地
引張強さ – XY/MPa 32 53 66%
引張強さ – Z/MPa 25 36 44%
曲げ強度 – XY/MPa 53 114 115%
曲げ強度 – Z/MPa 32 68 112%
曲げ弾性率 – XY/MPa 2360 3700 57%
曲げ弾性率 – Z/MPa 2040 2600 27%
衝撃強度 – XY/(kJ/m²) 19.2 23 20%
衝撃強度 – Z/(kJ/m²) 6.6 8.9 35%

※ BambuLab公式ストア参考値

↑引っ張り強さ、曲げ強度などは、PLA-CFの方が高い数値になっています。改善率を見ると、通常のPLAよりも性能が高いです。なので、もっと強度が欲しいといった場合は、PLA-CFを選ぶといいと思います。

 

③ 軽量

続いて、カーボンといったら軽いということで重量を比較してみます。

 

まずはBambu PLAで作ったモデルを測ってみます。11.2gです。

Bambu Labカーボンフィラメント_軽量・軽さ・重量

 

次にBambu PL-CFで作ったモデルを測ってみます。10.2gでした。

 

結果的におよそ1gぐらいの差がありました。軽いのに強度が高いというのはちょっと不思議な感じがしますが、カーボンの優れたメリットですね。

 

 

Bambu Labカーボンを使う際の注意点

それでは4つ目のバンブーラブカーボンを使う際の注意点について解説していきます。

 

① 価格がやや高め

まずはフィラメントが効果な点です。

 

カーボンフィラメントの価格表です↓

Bambu Labカーボンフィラメント_価格表・高価・高い

↑よく使われる汎用プラスチックは、5,000円以内が多いですが、カーボン系は値段が上がります。その中でも、PLA CFは1kg7,800円と安価ですが、PAHT-CFに至っては1kg、23,980円になります。

 

たまに、500kgだと思って購入したら実は1kgだったということがあるので、購入する際はよく確認しましょう。

 

また、今のところAmazonでの取り扱いはほとんどありませんでした。あっても価格が高めだったりするので、公式から購入するのがいいかと思います。

 

② 研磨に向かない

注意点のもう1つは、研磨に向かない点です。

 

カーボンを耐水ペーパーで研磨してみました。耐水ペーパーは、目の荒さに種類があるのですが、5種類入って小分けされたものが売っていますので、今回はこれを使います↓。

 

間違いなく削れてはいますが、研磨する前と比較すると、微妙です。研磨するにはちょっと向かないかもしれません。

Bambu Labカーボンフィラメント_カーボンを研磨する、やすり掛け

 

過去にABSやPLAなどを研磨した記事もありますので、そちらも参考にしてください↓。

関連記事:いろいろな樹脂をやすり掛けした結果!

 

YouTubeで、本ブログの内容を分かりやすくを解説しています

 

3Dプリンターを、どれにするか迷っていませんか?

 

Creality Ender-3 V3 SE」は、FDMをこれから始める方には間違いなくおすすめできる3Dプリンターです。

↓サンステラさんでは、サポートも充実していますので、安心して使えます。