テーブルから簡単に造形物を剥がす方法!

プラットフォームから、造形物が剥がしにくくなったことはございませんか?

 

実はプラットフォームにガチガチに接着してしまうことはよくある話です。そこで今回は、その原因や対処方法についてまとめます。

 

原因は大きく3点に分けて考えていきたいと思います。

  1. 使用方法間違によるもの
  2. 部品不良によるもの
  3. 樹脂によるもの

 

 

剥がすのに役立つ工具

対処方法に入る前に、剥がすのに役立つ工具をご紹介します。

 

1.スクレーパー

造形物とプラットフォームのスキマに挿入し、剥がしやすくするツールです。


2.プラスチックハンマー

ガチガチにくっついてしまったとき用に、スクレーパーの柄を叩いて使用します。

 

使用方法間違いによるもの

ではここから、原因や対処方法をまとめていきます。

 

そもそも使用方法は正しいのか、設定に間違いはないかという点が大切になります。

 

意外とこれに当てはまるケースは多く、直感的に進めてしまう人に多い傾向にあります。

 

1.スキマ間隔が適正に調整されているか

多くの機械では、プラットフォームとノズルの間隔(ギャップ値)を手動で調整します。

 

たとえば下記のような「シックネスゲージ」または「スキマゲージ」と呼ばれるツールを、プラットフォームとノズルの間に挟み込み、接触する感覚をもとに調整を行います。

 

うまく調整されていない場合は、造形物がテーブルにくっつきすぎる事があります。

 

また機械によっては、この高さ調整を自動(オートキャリブレーション)で行ってくれるものもあります。

 

2.テーブルが平面になっているか

テーブルが平面になっていないと、剥がれにくくなる原因となってしまいます。

 

テーブルの3か所や4か所でスキマ調整を行う機械もあれば、自動的に調整(オートキャリブレーション)を行う機械もあります。お使いの機械によって適切な調整を行う必要があります。

 

3.ノズルやテーブル、庫内の温度は適正か

温度が適正になっていないと、剥がしにくくなってしまうことがあります。

 

フィラメントごとに適正な温度は異なり、高すぎても低すぎても影響がでます。

 

適切な温度はスライサーソフトのパラメーターに記載されていたり、フィラメントのボビン、またはマニュアル・メーカーサイト等に記載がありますのでご確認下さい。

 

4.流量(FLOW・吐出量)は適正値になっているか

流量が適正になっていないと、プラットフォームに張り付いてしまうことがあります。

 

流量とは、ノズルから排出される「樹脂の量」になります。

 

排出する量が多いとプラットフォームに接着しすぎてしまいます。ラフトを使っている場合は「ラフトの1層目の流量」が適正になっているかを確認してください。

 

5.押出幅は適正値になっているか

押出幅が適正になっていないと、プラットフォームに張り付いてしまうことがあります。

 

押出幅とは、造形する「線の太さ」のことです。

 

当然のことながら、線が太くなってしまうとプラットフォームとの接着力が上がってしまいます。またラフト使用時は、「ラフト1層目の押出幅」を確認してください。

 

 

部品不良によるもの

パーツが劣化すると、剥がれにくくなってしまうことがあります。

 

では順番に説明していきます。

 

1.プラットフォームに汚れ・キズ・浮き・ヨレなどはないか

プラットフォームの状態が良くないと、剥がれにくくなってしまいます。

 

例えばプラットフォームが盛り上がっていたり、シートがめくれ上がっていると不要に密着してしまいます。また汚れや糊(ノリ)などが残っていると同様に影響がでます。

 

この場合は、プラットフォームの清掃や交換を行う必要があります。

 

使い捨てのシートなども販売されていますので、宜しければ確認してみてください。

 

2.プラットフォームテーブルが平面にならない

調整を実施しても、テーブルが平面にならない場合があります。

 

オートキャリブレーション(自動補正)を行ってくれる機械であれば、多少のゆがみはシステムが補正してくれるので問題ありません。ところがこの機能がない場合は、テーブルが歪んでしまうと影響がでてしまいます。

 

その場合は「テーブルを交換・修理する」か「ラフトを使用する」必要があります。

 

ラフトは「仮のテーブルを敷きなおしてくれる」という機能です。それによりテーブルの不良を緩和してくれるメリットがあります。1層だけではなく5層以上のラフトを使うと良いでしょう。

 

詳しいラフトの説明は、下記の記事を参考にしてください。
関連記事

FDM(熱溶解積層)の3Dプリンターでよく使用されるラフトやスカートという機能はご存じでしょうか?   今回は、それぞれの「役割」や「使いどころ」なんかを詳しく解説したいと思います。   ラフトと[…]

 

樹脂によるもの

適正な設定をしていても、樹脂の性質により張り付いてしまうことがあります。

 

例えばPC(ポリカーボネート)という樹脂は、テーブルにガチガチに張り付いてしまう事があります。

 

※下記の写真は、ガチガチに張り付いたものをスクレーパーで剥がした際の写真です。

プラットフォームテーブルが剥がれた画像

 

1.1層目の流量を下げる

流量とは「樹脂の排出量」のことですが、「1層目の流量」を減らしてみてください。

 

通常は100%になっているかと思いますが、90%~95%程度に減らしてみて下さい。

 

2.1層目の高さを変更する

1層目の高さを変更することによって、プラットフォームと造形物の間隔を広くすることができます。

 

これは通常、スライサーソフトで設定を変更する必要があります。たとえば1層目の積層ピッチが0.2mmであれば0.3mmに変更してみてください。

 

3.ギャップ値を変更する。(設定で1層目の高さが変えれない場合)

上記で「1層目の高さを変えれないソフト」を使っている場合は、プラットフォームとノズルの間隔を広くしてみてください。

 

この場合は、シックネスゲージを使って調整する必要があります。0.2mmで調整していた場合は、0.3mmにしてみて下さい。

 

まとめ

  項目 確認項目
設定方法間違いによるもの 1.スキマ間隔が適正に調整されているか
2.テーブルが平面になっているか
3.ノズルやテーブル、庫内の温度は適正か
4.流量(FLOW・吐出量)は適正値になっているか
5.押出幅は適正値になっているか
部品不良によるもの 1.プラットフォームに汚れ・キズ・浮き・ヨレなどはないか
2.プラットフォームテーブルが平面にならない
樹脂によるもの 1.1層目の流量を下げる
2.1層目の高さを変更する
3.ギャップ値を変更する。

 

関連記事

今回は、テーブルから剥がれない場合でしたが、逆に剥がれてしまう場合もあります。対処方法を記事にしておりますので、合わせてご確認下さい。

関連記事

FDM(熱溶解積層)方式において、造形物が剥がれる・浮くという課題があります。   原因は大きく分けて3点ほど挙げられます。それぞれ詳しく説明していきます。 使用方[…]