【QIDI TECH Q1 Pro】徹底レビュー!チャンバーで反り・剥がれ・割れが起きにくい!

この記事では、Qidi TECHの「Q1 Pro」という3Dプリンターを、詳しくレビューします。

 

庫内の温度を上げるための、ヒートチャンバーが搭載されている機種です。

 

ABSやPCなどをよく使っているという方には、特におすすめです。

 

レビューした3Dプリンターについて

 

このあと詳しく解説しますが、Q1 Proには以下の特徴と持っています。

・ チャンバー付き
・ 高速プリント
・ 多数のフィラメントを使える
・ その他にも多数の最新機能がある

 

動画で見る

本記事は、動画でもご視聴できます↓

 

Q1 Proの大きな特徴【3選】

主な特徴を、3つご紹介します。

 


特徴その① チャンバー機能

1つ目はチャンバー機能です。なんと言ってもQ1Proには、チャンバーがついてるのが最大の魅力です。ちょっと前まではどの製品にもついていませんでしたが、最近では増えてきていますね。本当に、各社の対応の速さに驚かされます。

 

ちなみにチャンバーというのは、庫内の温度を維持する機能です。これがあると温度をしっかり保つことができるので、ABS・PCなんかは反りにくくなります。

 

↓このようなヒーターファンが付いていて温風が出るようになっています。ちっちゃいんですが、しっかりと熱が放出されますので、火傷しないように注意が必要です。

QiDI TECH Q1 Pro_ヒートチャンバー

 

60℃に設定してみたところ、しっかりと60℃まで上がり、湿度は23%まで下がっていました。温度もさることながら、湿度が下がるのは造形物にとってもいいですね。

QiDI TECH Q1 Pro_ヒートチャンバー測定した温度と湿度

 

↓ちなみに操作パネルでは、温度が一目で分かるようになっていますので、簡単に把握することができます。

QiDI TECH Q1 Pro_操作パネル

 

次にヒートチャンバーの効果を、簡単に試してみます。

 

まずは、チャンバーなしでABSをプリントしてみたらこんな感じ。プラットフォームから剥がれてしまって、かなり反りました。これでも庫内温度は42℃くらいあったんですけど、難しかったようです。

QiDI TECH Q1 Pro_ヒートチャンバー検証

 

続いて、チャンバーを有効にして最大の60℃まで上げてみました。するとこんな感じ↓。多少の反りは発生したものの、先ほどよりはかなり良くなりました。本当に効果があるのかなーと思いましたが、やはり違いがありますね。

QiDI TECH Q1 Pro_ヒートチャンバーの効果・反り・剥がれ防止

 

↓比較するとこんな感じ。チャンバーを使った上で、スライス調整や糊などの対策を入れるといい感じになりそうです。今回は、四つ角のある、反りやすい形状で試したんで、ここまでの差になったんだと思います。

QiDI TECH Q1 Pro_ヒートチャンバーの効果・反り・剥がれの比較

 

チャンバーの温度は「QIDIスライサー」というソフトで設定します。ソフト上では、65℃まで設定できてしまうんですが、実際は60℃までしか上げることができませんでした。表示の不具合なんですかねー。

QiDI TECH Q1 Pro_QIDIスライサー温度の設定

 

あと思ったのが、家庭向け3Dプリンターのチャンバーは、空間が狭いので、温度が早く上がります。大型の業務用だと、ちょっと時間がかかったりするのでその辺もいいですね^^

 


特徴その② ノズル温度

2つ目の特徴は「ノズルの温度が350℃まで上げられる」点です。

 

一般的には300℃までの製品が多いので、それに比べると高いですよね。正直こんなにもいる?って思うんですが、カーボンを使う場合は、必要になってきます。

 

例えば、PA-12CFなんかのナイロン系や、ABS-GF25などの、強度を重視したフィラメントも使えるようです。GF-25はガラス繊維が混ぜ込まれていて、高い強度や合成のある造形物をプリントできます。

 

こういったものは、企業さんが使うことが多いですね。

 

またノズルは、2つの金属を混合させた、「バイメタルノズル」が使われています。こんな感じ↓で、ノズル先端部は黒くなっていて、ストローク部は銀色をしています。

QiDI TECH Q1 Pro_バイメタルノズル

 

ノズル単体でも購入することが可能です↓

 

銀色の部分は、熱伝動率の高い素材が使われていて、黒い部分は削れにくい素材が使われています。それぞれの材質の良いところを、活かせそうな気がします。

 

Creality K1の時もそうでしたが、最近のノズルは、金属を合わせて作られていますね。

 


特徴その③ 冷却構造

3つ目は「強力な冷却構造」です。

 

造形物を冷却するファンは、エクストルーダーに1つついていて、向かって右横にもサイドファンが付いています。

 

特にこのサイドファンは風量がとても強力で、プラットフォーム全体に風を送ってくれます。これだけ強ければ、仕上がり品質や糸引き対策も、効果がありそうです。

QiDI TECH Q1 Pro_ファン

 

 

その他の特徴について

Q1Proの、その他の特徴について解説いたします。

 


ワークサイズは245×245×240mmなので、結構大きめのものをプリントできます。

 

それに伴って、筐体と重量が重くなっています。実際に持ってみたら、やっぱりちょっと重い・・・。スペースの確保に注意しておいた方が良さそうです。

QiDI TECH Q1 Pro_ワークサイズ、プリントサイズ、エリアサイズ

 

ノズルは0.4mmが搭載されています。別に用意する必要はありますが、0.2mmや0.8mmも使うことができます。

 

プラットフォームは、簡単に曲げられるフレキシブルプレートです。造形物を楽に剥がすことができます。表面がザラザラしていて、テクスチャ仕様になっています。

QiDI TECH Q1 Pro_フレキシブルビルドプレート

 

テーブルの温度は、最大120℃まで上げることができます。ノズルもそうでしたがこれも高いですねー。プリント速度は最大600mm/sまで出力することができます。トップクラスの速度になっていて、申し分ないです。

QiDI TECH Q1 Pro_ビルドプレートテーブル温度120℃

 

チャンバーにもファンが付いていて、庫内の温風を循環させることができます。基本的にファンの回転数は100%でいいですが、もしファンの回転数を減らしたい場合は、QIDIスライサーで簡単に調節することができます。

QiDI TECH Q1 Pro_チャンバーファン

 

使えるフィラメントは「PLA、ABS、ASA、PETG」となっています。あとナイロンPCや、ガラス繊維なんかも使えるということではありますが、難易度が高いので、注意は必要です。

 

先ほどもご紹介したように、個人的にはABSも注意が必要だと思います。

 

またパネルは、4.3インチのタッチ式で、縦長になっています。操作感は問題なく、押しやすかったです。

QiDI TECH Q1 Pro_タッチパネル

 

標準でカメラが付いているのでモニター監視もいけます。滑らかに映せてますので、プリント状況はしっかり確認できそうです。

QiDI TECH Q1 Pro_カメラ

 

スライスソフトは、「QIDIスライサー」が推奨されています。ヒートチャンバー搭載機種なので、無難に使うのであれば、まずはこれを使ってみると良いと思います。

QiDI TECH Q1 Pro_QIDIスライサー

 

 

Q1 Proの注意点【2選】

それでは、Q1Proの注意点を2つ解説します。

 


① チャンバーは万能ではない

まず1つ目は、チャンバーは万能ではないというところです。剥がれ・反りをある程度、抑えることはできますが、完全に解消されるわけではありません。

 

反りが起きやすいフィラメントの場合は、スライサーの設定や、ノりをうまく併用して対策するといいと思います。ですがチャンバーの効果はとても高いのでABS・ASA・PCなどを使いたい方には、特におすすめの機能です。

 


② 騒音

注意点の2つ目は、騒音です。

 

プリント中の音量を測ってみたところ、およそ62dBから67dBあたりでした。身近なもので例えると、掃除機の音をを近くで聞くくらいの音量です。

QiDI TECH Q1 Pro_騒音・音量

ご家庭で使う場合には、注意しておきたいですね。

 

 

テストプリントしてみた結果

テストプリントしてみた結果を、ご紹介します。

 


これは最初に入っていたテストデータを、PLAでプリントしたものです↓。積層は、かなり綺麗に仕上がっていますね。底面は、造形線が見えにくく仕上がっていて、これはこれでいい感じです。

QiDI TECH Q1 Pro_テストモデルプリント

 

続いてはゲームパッドをプリントしてみました。サポートも問題なく立てられています。

QiDI TECH Q1 Pro_ゲームパッドプリント

 

ニッパーを使ってサポートを外していきます。中に浮いてしまう形状でもサポートを建てれば大丈夫です。

QiDI TECH Q1 Pro_ニッパー

 

ちなみにニッパーは、フラットになっている精密ニッパーがおすすめです。

 

こんな感じで仕上がりました。まあまあいい感じですね。

QiDI TECH Q1 Pro_ゲームパッド

 

取り付けてみます。PLAで作ったんで、表面がちょっと硬いですが、とりあえず収まりました。使おうと思ったら何とか使えるかも。

 

次はプラモデルをプリントしました。これも、ニッパーを使ってカットしていきます。

QiDI TECH Q1 Pro_プラモデル

 

カットしたパーツを組みつけていきます。こんな感じで完成です。特に問題なく作れましたね。

YouTubeで、本ブログの内容を分かりやすくを解説しています

 

3Dプリンターを、どれにするか迷っていませんか?

 

Creality Ender-3 V3 SE」は、FDMをこれから始める方には間違いなくおすすめできる3Dプリンターです。

↓サンステラさんでは、サポートも充実していますので、安心して使えます。