Saturn 4 Ultra【VS】HALOT-MAGE Sの違いを徹底比較!どっちを選ぶべき!?

多くの3Dプリンターがあり、どれが良いか迷いますよね?

 

今回は、似たスペックの「ELEGOO Saturn 4 Ultra」と「Creality HALOT MAGE S」という機種を徹底比較しました。

 

本記事でわかること

・ 自分に合っているのは、どっちなのか。
・ それぞれのスペックの違い
・ 独自技術の比較

 

比較する3Dプリンターについて

① ELEGOO Saturn 4 Ultra

Saturn 4 Ultraは、ELEGOO社が販売する光造形3Dプリンターです。Saturn 2 やSaturn 3などの後継シリーズとなります。

「オートレベリング」「チルト・リリース」「メカニカルセンサー」など、最新技術が盛り込まれた機種です。新しいもの好きな方であれば、ぜひ試して頂きたいプリンターです。

 

② Creality HALOT-MAGE S

HALOT-MAGE Sは、Creality社が販売する光造形3Dプリンターです。前機種には「HALOT MAGE」があります。

「14Kの高解像度」「スマートレジンポンプ」などの高スペックなプリンターです。

 

HALOT MAGE Sを徹底レビューしましたので、そちらも参考にしてください↓

関連記事:【実際に使ってみた】Creality HALOT-MAGE Sを徹底レビュー!

 

主要スペックの比較

基本的なスペックを比較していきます。

 

① 解像度の比較

 

Saturn 4 Ultra HALOT MAGE S
解像度 12KモノクロLCD 14KモノクロLCD
xy解像度 19×24um (11,520×5,120px) 16.8×24.8um(13,320×5,120)

 

解像度が高いと、多くのピクセル(ドット)を多く表示することができるので、滑らかな仕上がりになります。HALOT MAGE Sが、やや高解像度になっています。

ただし、どちらも高解像度なため、大きな差があるわけではありません。

 

②価格

Saturn 4 Ultra HALOT MAGE S
販売価格(参考値) 75,849円 93,500円

 

価格は、Saturn 4 Ultraの方が安いですね。ただし、割引セールなどをやっていることがあったり、値下げをすることもありますので、現在の価格を確認してみてください↓

 

③プリントスピードの比較

 

Saturn 4 Ultra HALOT MAGE S
最大スピード 最大150mm/h 最大150mm/h

 

両方とも150mm/hとなっており、高速でプリントすることができます。

HALOT MAGE Sは、「Pictorフィルム」が使われており、剥離性と耐久性の高いフィルムが使われています。また「Dynax+」という高速モードが搭載されており、高さ15cmのモデルであれば、1時間ほどでプリントすることができます。

一方Saturn 4 Ultraでは、チルト・リリースという技術が採用されています。レジンバットが傾斜することで、剥離力が高まり、スピードアップすることができます。

 

④ プリント可能サイズの比較

 

Saturn 4 Ultra HALOT MAGE S
プリント可能サイズ
(幅×奥×高)
218.8×122.8×220mm 223×126×230mm

 

プリント可能サイズは、HALOT MAGE Sの方が、やや広くなっています。Saturn 4 Ultraのビルドプレートは、厚みがある分、高さが低めになっています。

これから造形したいモデルの大きさを、よく確認しておきましょう。

 

⑤ レイヤーの高さ

 

Saturn 4 Ultra HALOT MAGE S
レイヤーの高さ 0.01-0.2mm 0.05~0.2mm

 

レイヤーの高さは、Saturn 4 Ultraの方が、やや細かめに設定することが可能です。ただし、見た目では、そこまで大きい差があるわけではありません。。

 

⑥ 接続方法の違い

Saturn 4 Ultra HALOT MAGE S
接続方法 USBメモリ&Wi-Fi USBメモリ/RJ45ケーブル/WIFI

 

USBメモリを使っても、問題なくプリントすることができます。

ただネットワークに接続させると、プリントデータをアップロード(転送)できたり、モニター監視、失敗した時の検知システムなどの機能を利用することができます。

HALOT MAGE Sは、RJ45(有線LANポート)があります。

 

⑦ 本体サイズ、重量の違い

Saturn 4 Ultra HALOT MAGE S
プリンターサイズ
(幅×奥×高)
327.4×329.2×548mm 333×270×608mm
重量 14.5 kg 13.13kg

 

Saturn 4 Ultraの方が、奥行のサイズが大きめです。置くスペースや、置台などをよく確認しておきましょう。

また、重量もSaturn 4 Ultraの方が重いです。結構重いですので、持ち運びに注意が必要です。

 

⑧ AIカメラの有無

 

Saturn 4 Ultra HALOT MAGE S
AIカメラ 有り オプション

 

AIカメラがあると、状況をリアルタイムで監視できたり、反り・失敗の検知などをすることができます。Saturn 4 Ultraは、AIカメラが標準搭載されています。HALOT MAGE Sは、オプションです。

 

⑨ エアフィルター

 

Saturn 4 Ultra HALOT MAGE S
エアフィルター なし 有り

 

HALOT MAGE Sは、エアフィルターが搭載されています。活性炭フィルターを通って空気が排出されるようになっています。ただし、レジン臭を完全に無くすことができません。

 

⑩ 対応言語

Saturn 4 Ultra HALOT MAGE S
対応言語 中国語、英語、日本語、オランダ語、韓国語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、イタリア語、スペイン語、トルコ語、ポルトガル語 日本語、英語、韓国語、中国語など

 

どちらも日本語や英語に対応していますので、操作に困ることはありません。

 

⑪ スライサーソフト

Saturn 4 Ultra HALOT MAGE S
対応言語 ChituBox HALOT BOX/CHITUBOX/Tango

 

HALOT MAGE Sは、Creality製のHALOT BOXやChituBoxを使うことができます。

 

機種の機能の違い

Saturn 4 Ultra HALOT MAGE S
レベリング調整 オートレベリング 手動調整
レジン補填/回収
スマートレジンポンプ
なし オプション
独自の技術 チルト・リリース、セルフテスト、残留異物検知センサー、レジン不足検知センサー、水平不良アラーム ダイナックスモード

 

Saturn 4 Ultraは、オートレベリング機能を搭載していますので、ペーパーを使った調整は不要となります。また、センサー機能が充実していて、異物検知センサー・レジン不足センサー・水平不良アラーム機能を搭載しています。

また、HALOT MAGE Sは、レジンボトルにチューブを挿し込むことで、自動でレジンを補充/回収する装置もあります。オプションとなります。

 

全項目の比較表

一覧表をまとめます。

 

Saturn 4 Ultra HALOT MAGE S
解像度 12KモノクロLCD 14KモノクロLCD
xy解像度 19×24um (11520×5120px) 16.8×24.8μm(13320×5120px)
スピード 最大150mm/h 最大150mm/h
プリント可能サイズ
(幅×奥×高)
218.88× 122.88× 220mm 223×126×230mm
プリンターサイズ
(幅×奥×高)
327.4×329.2×548mm 333×270×608mm
重量 14.5 kg 13.13kg
AIカメラ 有り オプション
エアフィルター なし 有り
対応言語 中国語、英語、日本語、オランダ語、韓国語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、イタリア語、スペイン語、トルコ語、ポルトガル語 日本語、英語、韓国語、中国語など
レベリング調整 オートレベリング 手動調整
レジン補填/回収
スマートレジンポンプ
なし オプション
独自技術 チルト・リリース、セルフテスト、残留異物検知センサー、レジン不足検知センサー、水平不良アラーム ダイナックスモード

 

 

YouTubeで、本ブログの内容を分かりやすくを解説しています

 

3Dプリンターを、どれにするか迷っていませんか?

 

Creality Ender-3 V3 SE」は、FDMをこれから始める方には間違いなくおすすめできる3Dプリンターです。

↓サンステラさんでは、サポートも充実していますので、安心して使えます。