シリカゲルってたくさん入れると効果的なの!?

シリカゲル_シリカゲルを大量に入れる

フィラメントの保管にもよく利用される「シリカゲル」ですが、こんな疑問はありませんか?

・ たくさん入れるほど効果的なの?
・ シリカゲルよりも、効果的なものはある?

 

本記事では、入れておく個数によって、どれくらいの違いがでるかを検証しました。

 

シリカゲルって、たくさん入れれば効果的?

早速ですが、この素朴な疑問の検証をしていきたいと思います。

 

1.検証方法について

湿度が表示されるボックス↓の中にシリカゲルを入れて、時間の経過とともに湿度がどのように変化するかを計測します。

シリカゲル_PolyBoxにシリカゲルを入れる

 

シリカゲルを「8個(40g)」と「2個(10g)」の場合で、どれくらいの差がでるのかを確認していきます。

シリカゲル_8個入れた場合と2個入れた場合

 

今回は、密閉での使用に向いている「A型シリカゲル」(1個5g)を使います。

 

2.40gのシリカゲルを入れて計測する

まずは最初は、シリカゲル8個(40g)を計測していきます。

 


開始時は、59%です。

シリカゲル_10g_開始時59%

 

30分経過すると、54%になりました。

シリカゲル_10g_30分経過54%

 

1時間30分経過すると、51%になりました。

シリカゲル_10g_1時間30分経過51%

 

写真が撮れていませんでしたが、3時間経過すると49%になりました。

 

11時間経過すると、42%になりました。

シリカゲル_10g_11経過42%

 

24時間経過すると、39%になりました。

シリカゲル_10g_24経過39%

 

3.10gのシリカゲルを入れて計測する

引き続き、シリカゲル2個(10g)を入れた場合を計測します。

 

これは別の記事で検証しましたので、その情報を流用します。詳細が気になる方は↓を参照して下さい。

関連記事

保存・保管で、こんなお悩みはありませんか? ・ カビ、錆(サビ)、腐食が起きやすい。 ・ 品質がすぐに悪くなってしまう。   心当たりのある方は「除湿」がうまくできていないかもしれません。   […]

【強力乾燥剤 VS シリカゲル】OZO-Zの湿度の下がり方がすごい

 

4.検証結果

結果をまとめると、以下の通りとなりました。

 

開始時 30分後 1時間30分後 3時間後 11時間後
シリカゲル(40g) 59% 54% 51% 49% 42%
シリカゲル(10g) 60% 54% 53% 52% 49%

 

グラフにするとこんな感じです↓

シリカゲル_10gと40gの比較グラフ

・ 吸湿スピードに違いがある。
・ 吸湿量に違いがある。

 

つまり、シリカゲルの数を増やせば、「吸湿スピード」と「吸湿力」を高めることができるようです。余らすくらいであれば、使ったほうが良いでしょう。

 

5.強力乾燥剤とも比較してみる

乾燥剤には、「強力乾燥剤」というものがあります。

 

これも別記事で検証しましたので、そのデータを結合してみます↓

開始時 30分後 1時間30分後 3時間後 11時間後
シリカゲル(40g) 59% 54% 51% 49% 42%
シリカゲル(10g) 60% 54% 53% 52% 49%
強力乾燥剤(10g) 60% 44% 33% 27% 11%

 

グラフにするとこんな感じです↓

シリカゲル_10gと40gと強力乾燥剤の比較グラフ

・ 大量のシリカゲルを使うよりも、少量の強力乾燥剤の方が効果が高い。
・ 時間が経過するにつれ、効力の差が大きくなる。

 

吸湿力を求める場合は、強力乾燥剤も検討すると良いでしょう。

 

シリカゲルとは?

このように、数を増やすと一定の効果があるシリカゲルですが、一体どのようなものなのでしょうか?

 

シリカゲルは「水に近い性質を吸着する」という特性をもっています。原料となる二酸化ケイ素は、広い表面積をもっているため、まわりの湿気を効率よく吸収することができます。

 

また吸湿後でも、ベタついたり、溶けたり、匂いを発したりしないので、とても使いやすい乾燥剤です。

 

シリカゲルはどんな目的で使われる?

シリカゲルは、「防湿」「防腐」「防カビ」「防サビ」「防虫」効果があり、とても身近に使われています。

 

効果
防虫、防カビ シャツ、ジャケットなどの衣類
防カビ クッキー、せんべいなどのお菓子
防湿、防カビ お薬などの医療品
防湿、防カビ、防腐 皮製品、木工品
防サビ 精密機器、電子機器
防湿 フィラメントの保管

 

シリカゲルには2種類ある

シリカゲルには、A型B型の2種類があるのをご存じでしょうか?

 

A型シリカゲル

A型は、容量が許すかぎり吸湿し続けることができます。

クッキー、せんべい、海苔、乾燥ワカメなどの食品や、薬、サプリメントなどの医療品、カメラなどの精密機器の保管などの場面で使われています。B型を比べると吸湿容量は少なく、密閉された空間での使用が向いています。電子レンジで再生することも可能です。

 

B型シリカゲル

B型は、一定のところまでは吸湿しますが、それ以降は放出する性質があります。

例えば、クローゼットやタンスに収納されている衣類、バッグ、靴などの保管に向いています。A型よりも容量は多く、広い空間で使われます。こちらは天日干しで再生することが可能です。

 

それぞれの特徴を↓にまとめます。

タイプ 容量 使用環境 再生方法 使用例
A型 少ない 密閉空間 電子レンジ お菓子、精密機器、フィラメント等の保管
B型 多い 広い空間 天日干し 衣類、カバン、靴の収納

 

3Dプリンターの材料である「フィラメントの保管には、A型シリカゲル」を使うと良いでしょう。またフィラメントの保管方法については↓の記事も参考にして下さい。

関連記事

3Dプリンターで、こんな悩みはありませんか? ・ 仕上がりが良くない。 ・ 糸引きが多い。 ・ フィラメントがパキパキ折れる。 ・ フィラメントが湿気ている。   それは「フィラメントの防湿・乾燥・保管方法[…]

【解決】フィラメントを防湿・乾燥・保管する方法

 

おすすめ記事

フィラメントでこんなお悩みはありませんか?

・ パキパキ折れやすい。
・ プリント中「パチパチ」と蒸発音がする。
・ フィラメントの保管方法を知りたい。

 

劣化を少しでも防ぐための保管方法をご紹介していますので、↓の記事も参考にしてみて下さい。

関連記事

フィラメントの保管について、こんな悩みはありませんか? ・ どうやって保管していいか分からない。 ・ 長い期間、保管したい。 ・ 吸水率の高いフィラメントを保管したい。 ・ かんたんに保管したい。   この[…]

フィラメントの保管に真空パックを使うべき理由【おすすめ】