サポート材を剥がしやすくする設定方法【Ender-3 S1】

サポートを剥がしやすくする方法

家庭向け3Dプリンター「Ender-3」で、こんな症状に困っていませんか?

・ サポート材がうまく剥がれない、剥がしにくい。
・ 剥がれたとしてもモデル部の仕上がりが悪い。

 

もしかすると「Creality Slicer」で調整が必要かもしれません。

 

この記事では、実際に「Ender-3 S1」↓を使って症状を確認しました。

 

おすすめの改善方法をご紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

 

サポート材が剥がれないってどういうこと?

まずは、サポート部分が剥がれないという事例をご紹介します。

 

↓は、スカートを有効にして、サポート有りでプリントした結果です。

Ender-3 S1_サポート有りの造形物

↑こんな感じでサポート部もしっかりプリントされます。

 

ちなみにスカートとは、モデルの周りにプリントされている「試し書き」のことです。
詳しくは↓の記事も参考にして下さい。

関連記事

FDM(熱溶解積層)の3Dプリンターでよく使用されるラフトやスカートという機能はご存じでしょうか?   今回は、それぞれの「役割」や「使いどころ」なんかを詳しく解説したいと思います。   ラフトと[…]

 

では早速サポート部を剥がしていきます。

Ender-3 S1_サポート部が取れない

↑すると顎(あご)の部分はすんなり取り除けましたが、胴体の部分はガッチリくっ付いてしまいました。

 

原因は「モデル部とサポート部が近すぎる」ためです。

 

このあたりをスライサーソフトで調整していきます。

 

サポートを剥がしやすくする調整方法

それではEnder-3 S1に付属しているCreality Slicerをというスライサーソフトを使って、調整していきます

 

スライサーソフトってなに?という方は↓の記事を参考にしてみて下さい。

関連記事

スライサーソフト(スライスソフト)について、こんな疑問はないでしょうか? ・ スライサーソフトってなに?・ スライサーソフトには、どんな役割があるの?・ スライサーソフトを使いこなしたい。   本記事では、スライサー[…]

 


テンプレート部分をクリックします。

CrealitySlicer_テンプレート部分

 

「サポート」の歯車マークをクリックします。

CrealitySlicer_「サポート」の歯車マーク

 

以下の3点にチェックを入れます。
1.サポートZ距離
2.サポート上部距離
3.サポート底部距離

CrealitySlicer_サポートZ距離

↑「閉める」をクリックします。

 

「サポートZ距離」の「サポート上部距離」を0.2mm→0.3mmに変更します。

CrealitySlicer_サポート上部距離設定

 

あとはスライス・プレビューをした後に、プリントを開始します。

 

「サポート上部距離」ってなに?

では、「サポート上面距離」の値を変えたことで何が起こったのでしょうか?

 

↓左側の画像は、距離を2mmにした場合と、0.3mmにした場合の比較です。

CrealitySlicer_サポート上部距離を変えた場合の比較

↑値が大きくなるほど、「モデルとサポートの距離」が離れていることが分かります。

 

つまり値が大きいほど「剥がしやすく」なりますが、その反面「モデルの底面が荒れやすく」なりますので、バランスが非常に大切となります。

 

PLAの場合は、0.3mmの調整値で特に問題はありませんでした。

 

プリントした結果

それでは、調整後にプリントした結果です。

 

↓胴体の部分も、手で楽に剥がすことができました。

CrealitySlicer_サポート上部距離を変えて取りやすくなった

 

取れにくい場合や、モデルの底面が荒れる場合は、値を再調整してみて下さい。0.25mmなどのように、100分の1まで値を調整をすることができました。

 

おまけ(ラフト有りで調整しようとした結果・・・)

実は最初にラフト有りで試したのですが、うまくいかなかったため、断念しました。

 

簡単にその経緯をまとめますので、ご興味のある方はご覧ください。

 

↓ラフト付きでプリントしてみたところ「サポート部にラフトが」しっかりとくっついてしまい、取れなくなってしまいました。

CrealitySlicer_ラフトを付け、サポート部が取れない

わんちゃんの手足のラフトは問題なく剥がれています。

 

つまり「サポート部分のラフトだけ」ががっちり付いているのです。

 

↓原因を探るためにスライスしてみてみます。

CrealitySlicer_スライス結果

↑左の画像を見ると、「5層目でサポート部分の1層目」がプリントされます。
また右の画像を見ると、「7層目でモデル部分の1層目」がプリントされています。

 

つまり「サポート部分はラフトに近い距離」となっており、またモデル部分は「ラフトから遠い距離」になっていることが分かります。

 

その結果、「モデル部分は剥がしやすいが、サポート部分は剥がれにくく」なってしまったようです。

 

Creality Slicerの各項目を試してみましたが、残念ながら「サポート部分をラフトから離す設定」は見つかりませんでした。

 

フィラメントについて

今回は「PLA(ポリ乳酸)」という一番メジャーで作りやすいフィラメントを使用しました。

 

インターネットでも一番安価に購入することができるフィラメントとなっています。

 

使用した3Dプリンター

使用した3Dプリンターは、Ender-3 S1と言う家庭向け3Dプリンターです。

 

この機種は、多くの最新機能が搭載されていることに加えて、同梱されているスライサーソフトでは、細かい調整をすることができます。

 

企業向けを取り扱ってきた私がこれを買った時は、「家庭向け3Dプリンターでこれだけのことができるの?」とすごく驚きました。

 

↓セットアップレビューもしていますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

関連記事

近年では、安価な3Dプリンターが販売されるようになってきました。   安いと言っても最新の機能が使えたり、精度も向上しているので驚かされる一方です。   そこで今回は、Creality Ender-3[…]

Creality Ender-3 S1をレビュー