3Dプリンターのブリッジ(bridge)とは?

この記事について 【ブリッジ(bridge)とは?】

今回は、ブリッジについて解説します。

あまり馴染みがないかもしれませんが、モデルの形状によっては使用する機能です。

造形検証もしてみましたので、ご参考になれば幸いです。

 

 

ブリッジ構造とは?

3Dプリンターで言うブリッジ構造とは、その名の通り「橋」の形状ということになります。

 

いわゆる、下図のような形状を指すことが多いです。

 

 

ブリッジとは?

スライサーソフト上での「ブリッジ」となると、少しニュアンスが変わります。

 

スライス後に「ブリッジと認識された箇所」が該当します。

 

例えば、下記のようなブリッジ構造のモデルをスライス処理します。

 

下図はスライス処理後、モデルを下から覗き込んだ画像です。
真っ赤な部分が「ブリッジ」と認識された箇所になります。

 

つづいて先ほどのモデルを回転させ、少し傾けてみます。(5度傾けます)
この状態でスライスを行います。

 

再度、モデルを下から覗き込んでみます。

赤い部分がなくなっていることが確認できます。
先ほどとは違い「ブリッジ」と認識されていない状態となります。

 

つまり、見た目がブリッジと思えても、スライサーソフト上ではブリッジと認識されていません。

 

ブリッジと認識されない場合は、速度などの「ブリッジ関連の設定」をいくら変えても意味がありません。

 

「ブリッジ」と認識される条件

  1. 限りなく直線に近いこと
  2. ある程度の長さがあること
  3. サポートを建てないこと

 

ブリッジ速度検証

今回は、ブリッジ形状の速度を変えると、どのような違いが発生するかを試してみました。

 

機器はRaise3D Pro2を使用し、フィラメントは、Raise3D PremiumPLAを使用しました。

 

下図は、ブリッジ速度 ①10mm/s ②50mm/s ③80mm/sで造形し、横から見た写真です。
10mm/sが遅い速度で、80mm/sが速い速度になります。

10mm/sのフィラメントが特に垂れている事が分かります。

 

続いて下図は、それぞれをの造形物を下から見た写真です。

写真だとわかりにくいですが、10mm/sは1本1本が綺麗に造形されました。
一方、80mm/sが荒くなってしまいました。

 

50mm/sの造形は、フィラメントが垂れかかっているものの、他の速度と比較すると安定しました。

 

ちなみに下図はサポート材を使用した造形物です。
サポート材は除去してあります。
非常にきれいですね。

 

検証まとめ

・速度が遅いと1本1本の線は綺麗だが、全体的に垂れ気味になり易い。

・速度が速いと1本1本が荒くなるが、垂れにくい。

 

ブリッジ造形の対処方法

対処方法は下記の通りです。

  1. サポートを建てる
  2. サポートを建てない場合は、速度を中間速度に調整する

 

当然ながら、サポートを建てた方が綺麗に造形できます。

 

また、ブリッジが短いようであれば、中間速度(50mm/s前後)にして、サポート無しでも良いかと思います。

 

まとめ

実際は、ブリッジ造形はサポートを建てることが多いと思いますが、少しでも参考になれば幸いです。