とにかく小さい物を造形するコツ!

みなさんは小さい造形物をつくることはありますか?

 

近年は、3Dプリンターが高精度なため、小さいものも造形しやすくなってきました。

 

そこで今回は、造形のコツをまとめましたのでご覧ください。

 

<この記事で分かること>

・ノズル径を小さくする
・積層ピッチを薄くする
・外壁の数を減らす
・速度を遅くする
・流量を減らす

 

 

①ノズル径を小さくする

ノズル径とは、フィラメントを排出するノズルの直径のことです。

 

小さい物を造形する場合は、1本あたりの造形線を細くする必要があります。

 

よって、一般的なノズル径は0.4mmではなく、0.2mmのものを使用します。

 

0.2mmノズルを使用すると、表面の造形線が目立たなくなる効果もあります。

0.2mmノズルと0.6mmノズルの線の比較画像

 

ちなみに0.2mmノズルは、インターネットでも安価に購入することができます。

 

②積層ピッチを薄くする

積層ピッチとは、1層あたりの厚みとなります。

 

さきほどは「ノズル径」を小さくしましたが、それに伴って「積層ピッチ」を薄くする必要があります。

 

下図をご覧下さい。

 

左図の0.4mmノズルの場合は、出口の幅が広いので、フィラメントを多く排出することができます。

 

ところが、右図の0.2mmノズルは出口が狭くなっているので、フィラメントが少なく排出されます。

 

そのため、積層ピッチを調整しないと、テーブルにしっかり塗り付けることができません。

 

そこで下図のように、0.2mmノズルを取り付けた場合は、0.1mmの積層ピッチに変更します。

 

 

そうすることで、安定してテーブルに接着させることができます。

 

③外壁(shell・シェル・壁の厚さ)の数を減らす

精密な造形をする場合は、外壁(shell・シェル・壁の厚さ)の数を調整すると非常に有効です。

 

外壁(shell・シェル・壁の厚さ)の数とは?

外壁の数とは、何を指しているのでしょうか?

 

外壁の数(shell・シェル)とは、造形物の外側に書く輪郭(壁)の枚数です。

 

下図をご覧ください。

左の図は、外壁が2枚でスライスした場合で、
右の図は、外壁が4枚でスライスした場合の例となります。

 

外壁(shell・シェル・壁の厚さ)の役割

では外壁は、どのような役割があるのでしょうか?

 

主に下記のとおりです。

  • 見栄えに影響する
  • 強度に影響する

 

外壁を1枚に設定する

小さくて精密な造形を行う場合は、外壁を1枚にすることをおすすめします。

 

下記の画像を見て下さい。

これは、外壁を2枚で造形したネジです。

 

所々、ダマになっています。

 

これは、うすい壁を無理やり2本線で造形したことで発生してしまった例です。

 

2本線にしたことでフィラメント量が多くなってしまい、行き場がなくなりダマになったのです。

 

下記の画像は、外壁を1枚(1本)で造形したものです。

ダマにならずに綺麗に造形できていることが分かります。

 

外壁の枚数を調整することで、きれいに見えることがあります。

 

④速度を下げる

すでに説明しましたが、小さい造形物をつくる場合は、小さいノズル径のものを使います。

 

では、速度をそのままで問題はないのでしょうか?

 

実は樹脂によっては、速度を落とさないとノズル詰まりの原因になることがあります。

 

そこで、0.2mmノズルの場合は、下記を目安にしてみて下さい。

  • 外壁:15mm/s
  • 内壁:15mm/s
  • INFILL:25mm/s

 

もちろん機械やフィラメントによって、違いがありますので参考程度として下さい。

 

 

⑤流量を下げる

流量とは、ノズルから排出する量です。

 

実はノズル径が同じでも、流量値を下げれば「排出量を下げる」ことができます。

 

そして、きれいに仕上げるには、目に触れる部分の流量を下げます

 

逆に1本の線を太くしすぎると、他の線と干渉してしまい、見た目が膨張した感じになります。

 

基本的には、100%で良いですが、樹脂によっては97%等に変更します。

 

まとめ

  項目
ノズル径を小さくする
積層ピッチを薄くする
外壁の数を減らす
速度を減らす
流量を下げる

 

おすすめ記事

今回は小さい造形物に焦点をあてましたが「とにかくコストを節約するコツ」というのもまとめました。
関連記事

とにかく造形コストを節約するコツ FDM方式の3Dプリンターでは、フィラメントという材料を消費します。   このコストってかなり負担になるんですよね。   そこで今回は、「とにかく造形コストを節約するコ[…]

とにかく造形コストを節約するコツ