PETGフィラメントの特徴とは?【実際に造形】

近年話題のPETGフィラメントとは、どのような樹脂でしょうか?

 

ここでは、FDMの「3Dプリンターを使う上での特徴」をまとめていきたいと思います。

 

PETGフィラメントとは?

PETG(グリコール変性ポリエチレンテレフタレート)は、PET(ポリエチレンテレフタレート)がさらに強化された熱可塑性樹脂フィラメントです。

 

近年注目されているフィラメントの一つで、ABS(耐熱性)とPLA(反りにくい、匂いがない)の良い部分を兼ね備えた樹脂と言われています。

 

また非常に扱いやすく、正しい調整が行われていれば失敗が起きにくい樹脂です。

 

耐衝撃性耐熱温度が高い(70℃~80℃)
・造形し易い(安定している)
・テーブルに定着しやすい
・造形物によっては割れやすい
・糸引きが発生しやすい

 

各樹脂の特徴について

比較用に、ほかの樹脂の特徴を掲載します。

項目 ABS PLA PP PC PETG TPU PA 木質
1 全体的な造形のし易さ
2 テーブルの定着性
3 他の樹脂との相性 × ×
4 後加工のし易さ
5 匂いの無さ
6 湿気に対する強さ ×
7 価格
8 強度
9 耐熱温度

 

全体的な造形のし易さ ◎

造形はやり易く、PLAのような使いやすさがあると言われますが、確かに造形中は安心して見ていられます。

 

現在のところ何度も造形を試していますが失敗していません
またノズル詰まりもおきておらず、反りやクラップも積層間もしっかり定着していました。

テーブルの定着性 ◎

プラットフォームテーブルへの定着性は良かったです

 

そしてPC(ポリカーボネート)のように、テーブルに張り付きすぎることもありません。

 

また、下記のようにラフトを設定してもテーブルから問題なく剥がせます。

 

他の樹脂との相性 ×

他の樹脂との相性があまり良くないので、専用サポート材がありません。

 

よってサポート材は同じPETGの樹脂で造形することになります。

 

サポート形状にもよりますが、比較的「パリッ」っとした感覚がありました。
少し残ってしまうことがあるので、ニッパーなどがあった方が良いです。

 

後加工のし易さ 〇

ヤスリで削ってみましたが、比較的楽に削ることができました。

 

今回は黒の樹脂で造形してみましたが、造形直後は光沢が強かったです。
それをヤスリ掛けしたことで、光沢は消えました。

PETG造形物にヤスリ掛けした画像

 

匂いの無さ ◎

造形中の匂いは特にありません

 

湿気に対する強さ △

湿気に対してはあまり強くありません

 

PETGはただでさえ糸引きが発生しやすい為、防湿対策はしっかり行っておきましょう。

 

フィラメント保管BOXを使用することをおすすめします。

 

価格 ◎

フィラメントの価格は安価です。

 

商用利用ですと、およそ5000円~8000円が多いです。

 

また、家庭用のフィラメントは多くのラインナップがあり、価格も2,000円程度から販売されているので、非常にうれしいです。

 

 

強度 〇

強度は強いとは思いますが、比較的割れやすい感覚がありました。

 

ためしにABSとの強度を比較するために、下図のようなバーを造形しました。

PETGで試験棒造形画像

 

ところがPETGの方は、ラフトから造形物が剥がせない状態になりました。

 

そこで無理やりラフトを剥がしてみたところ、ラフトが割れてしまう結果になりました。そして、造形物からもラフトのカスが取れなくなってしまいました。

PETGの試験棒割れた画像

 

ラフトと造形物がしっかりくっ付いているからだとは思いますが、少しもろい感覚がありました。
もう少し試してみる余地がありそうです。

 

また、ラフトが剥がしにくい点についてですが、ラフトと造形物の間隔を変えてみました。

間隔 結果
1回目 0.15mm 無理に剥がそうとすると割れる
2回目 0.2mm 無理に剥がそうとすると割れる
3回目 0.3mm うまく剥がれた

 

また、参考までに「他の樹脂」のラフトとモデルの間隔は、下記の通りです。

間隔
ABS 0.18mm~0.2mm
PLA 0.15mm~0.18mm

 

耐熱温度 〇

耐熱温度は70℃~80℃ほどです。

 

その他の特性

糸引きが発生しやすい

PETGは糸引きが発生しやすいです。

 

糸引きはトラベル(ノズル移動)時に発生します。

 

対処方法については、ノズルの温度を調節(下げる)したり、リトラクト調整を実施します。

 

<ノズル温度を変えて確認>

下記はノズル温度を220℃で試した場合と、255℃で試した場合の違いです。

PETGでの糸引き比較画像温度編

 

温度が低い220℃の方が、糸引きが収まっていました。

 

<リトラクトを調整して確認>

リトラクト(フィラメントの引き込み)を調整することで糸引きが防止できるので、下記の2パターンで確認します。

リトラクト速度(引き込み速度) リトラクト量(引き込み量)
パターン① 40mm/s 1.5mm
パターン② 60mm/s 3mm

PETG糸引き比較画像リトラクト編

 

結果としては、あまり違いがありませんでした^^;

 

樹脂やフィラメントの吸湿状況によって違う気もします。結果としては、ノズルの温度を下げたほうが効果的でした。

 

おすすめ記事

家庭用向けPETGフィラメント(TINMORRY)で造形をいろいろ試してみましたので、参考にしてみてください。
関連記事

3Dプリンターでは、残念ながら「造形に失敗する」ということがよく起きます。なぜなら樹脂にはたくさんの種類があり、特性がそれぞれ異なるからです。   そこで、失敗しにくい樹脂の一つである「PETGフィラメント」を使ってみ[…]

おすすめのPETGフィラメントで色々造形してみる