3Dプリンターのスライサーソフト(スライスソフト)とは?

スライサーソフト(スライスソフト)について、こんな疑問はないでしょうか?

・ スライサーソフトってなに?
・ スライサーソフトには、どんな役割があるの?
・ スライサーソフトを使いこなしたい。

 

本記事では、スライサーソフトに関して、基礎的な知識をまとめています。

 

私自身は、3Dプリンターのサポートや保守の仕事をしていますので、その経験値が参考になれば幸いです。

 

スライサーソフトとは?

スライサーソフトとは「仮想上でプリントをシュミレートするソフトウェア」です。

 

スライサーソフトの語源は「モデルを層ごとにカットする(スライスする)」というところから名づけられています。層ごとにカットして、具体的にどのように積み上がる(造形される)かをパソコン上でシュミレーションすることができます。

 

他にも重要な役割がありますが、スライサーソフトとはつまり、3Dプリントをするための前準備をするためのソフトウェアという言い方もできます。

 

引き続き、その役割を具体的にご紹介していきます。

 

スライサーソフトの役割

スライサーソフトは、3つの役割があります。

 

① プリント条件を決める

1つ目には、プリント条件を決める役割があります。

 

一口に3Dプリントすると言っても、全てオートで行ってくれるわけではありません。たとえば「モデルの置き向き」や「個数」などは人が決める必要があります。たとえば↓のような項目があります。

・ プリントする場所(エリア)
・ プリントするモデルの
・ プリントするモデルの大きさ
・ プリントするモデルの置き向き(角度)

 

↓は置き向き調整の例です。

 

上記は、基本的な項目だけでしたが、仕上がりやプリント時間などを配慮すると、さらに細かい設定を調整する必要があります。たとえば・・・

積層ピッチ(レイヤーの高さ)の調整
線の太さ(押出幅やフロー)の調整
プリント速度の調整
など

 

つまり、作品の出来栄えは、3Dプリンターの性能以外にも「オペレーションする人のスキル」が大きく関わってくるということになります。

 

Ender-3でキレイに造形するコツをご紹介していますので、↓を参考にして下さい。

関連記事

家庭向け3Dプリンター「Ender-3」で、こんな症状に困っていませんか? ・ ABSでプリントすると、テーブルから剥がれる。 ・ ABSでプリントすると、表面が荒れる。   もしかすると「Creality S[…]

ABSフィラメントを使って綺麗にプリントする方法

 

② プレビューを表示する

2つ目は、プレビューを表示するという役割があります。

 

先ほど決めた条件をもとに、パソコンの画面でプレビューを表示させることができます。プレビュー画面は、モデルを層ごとにスライス(カット)された状態で表示されるので、実際のプリントに近い状態を確認することができます。

スライス前とスライス後

 

この画面では、以下の情報を確認することができます。※製品によっては確認できない項目もあります。

・ プリントに必要な時間
・ プリントに必要なフィラメントの量
・ 塗りつぶし具合
など

 

この段階で、イメージと違った場合は、①の「プリント条件を決める」の項目に戻り、再設定を行います。

 

③ 3Dプリンター言語に変換する

3つ目は、3Dプリンターが理解できる言語に変換するという役割です。

 

たとえば、パソコンで使うエクセルやワードを紙に印刷する場合は、「プリンタードライバー」というソフトウェアが必要ですよね。

 

もし、プリンタードライバーがないまま印刷の指示をかけても、プリンターはうんともすんとも言いません。なぜならプリンターが理解できる言語になっていないからです。

 

3Dプリンターも同様で、スライサーソフトがこの役割を担っています。この言語は「Gコード」と呼ばれており、それに従って3Dプリンターは動作します。

 

スライサーソフトが自動的にGコードに変換してくれるので、オペレーターが理解する必要はありません。

 

スライサーソフトを使いこなすコツ

スライサーソフトを使いこなすコツは、2つあります。

 

① 仕上がりをイメージする

1つ目は「仕上がりをイメージする」ということです。

 

プリントが成功するか失敗するかは「条件を設定したときに決まっている」と言っても過言ではありません。たとえば正円をプリントするつもりが、楕円になってしまったということがあります。

 

つまり、重力を加味して、頭の中でどれだけ正しい仕上がりをイメージできるかがポイントになります。

スライサーソフト置き向きの違い

 

そのため、たくさん経験を積むことがとても大切になります。FDM方式の3Dプリンターであれば、材料費は安いので、抵抗なく失敗できるかと思います。

 

② 機能を把握する

2つ目は「機能を把握する」ということです。

 

基本的な機能は、どのスライサーソフトも同じです。ところが細かい機能はソフトによって違いがあります。このような機能を把握しているかどうかで、仕上がりに大きく影響します。

 

一例をあげると、中空が存在するモデルに「サポート」という柱を建てることがあります。サポートは自動で設定してくれますが、面積の小さいモデルは、うまくサポートが建たないケースがあります。その場合は「手動でサポートを建てる機能を知っているかどうか」がカギになります。

 

便利な機能は、追加されることがあります。最新情報は取り入れるようにしましょう。

 

スライサーソフトによる機能の違い

スライサーソフトによって、機能に違いがあります。

 

たとえば、以下のような機能を搭載しているものもあります。

・ サポートを「手動」で設定することができる。
・ モデルを好きなところでカット(分割)することができる。
・ STLファイルが壊れている場合、簡易的な修復ができる。

 

近年のスライサーソフトについて

近年のスライサーソフトは、機能がとても豊富になってきました。

 

特に家庭用3Dプリンターに付属しているソフトは、業務用3Dプリンターと遜色ないくらい高性能です。使い方さえ覚えてしまえば、目的に応じて設定することができるので、以前よりクオリティの幅は広がったと感じます。

 

家庭向け3Dプリンターが気になる方は、機械のレビューをしていますのでご覧ください↓

関連記事

近年では、安価な3Dプリンターが販売されるようになってきました。   安いと言っても最新の機能が使えたり、精度も向上しているので驚かされる一方です。   そこで今回は、Creality Ender-3[…]

Creality Ender-3 S1をレビュー

 

おすすめ記事

3Dプリントの仕上がりで、こんな疑問はないでしょうか?

・ 積層痕を目立たなくしたい。
・ 見栄えをもっとキレイにしたい。

 

このような場合は、対処ポイントを順番に確認することをオススメします。

 

以下の記事に、対処方法をまとめましたのでご覧ください。

関連記事

3Dプリントの仕上がりで、こんな悩みはありませんか? ・ 積層痕(横から見た時の痕)が目立ってしまう。 ・ 造形の線が目立ってしまう。 ・ 見栄えを良くしたい。 ・ 見栄えにツヤがほしい。   このような場[…]