サポート材が剥がしにくい場合の対処方法

3Dプリンターではサポートをよく使いますが、せっかく造形してもうまく除去できないと台無しになってしまうこともあります。

 

そこで今回は、サポートをうまく剥がすための方法をお伝えします。

 

そもそもサポートってなに?という方は先に下記の記事を一読ください。
関連記事

  3Dプリンターのサポート材の役割とは? 今回は、3Dプリンターでは当たり前のように使用される「サポート材」についてまとめます。   サポート材とはどのような意味でしょうか? なぜサポート材は必要なので[…]

 

サポートには2種類ある

まずサポートには2つの種類があります。

 

  1. モデルと同じ樹脂を使ってサポートを建てるケース
  2. モデルと違う樹脂を使ってサポートを建てるケース

 

家庭向け3Dプリンターは①が多く、業務向けは①と②の両方使うことが多いです。

 

下記の写真は、②のパターンで造形した例です。

サポート材

 

今回は、最もよく使われる①に絞ってまとめていきます。

 

サポート材が剥がれにくい理由

ではサポート材が剥がれにくい理由についてですが、大きく分けて3つあります。

 

  1. 部品不良によるもの
  2. 設定・調整不足によるもの
  3. 樹脂によるもの

 

順番に説明していきます。

 

部品不良によるもの

ここでは、機械に使われている「パーツ」が不良を起こしていないかを確認していきます。

 

①ノズル不良が起きていないか?

長い間同じノズルを使っていると、ノズルが削れてしまうことがあります。

 

それによりノズルから排出される樹脂の量が多くなってしまい、サポートが密着しすぎてしまうことがあります。

 

そこでパージ(試し打ち)を行い、ノズルから排出される樹脂の量を確認します。少なすぎても多すぎてもNGですので、その場合はノズルを交換しましょう。※パージとは、ノズルからテスト排出させる動作のことです。

 

ノズルはネットでも安価に購入することができます。

 

②プラットフォームの平面は保たれているか?

プラットフォームが平面に保たれていないと、場所によってはモデルと密着しすぎることがあります。

 

その場合は、キャリブレーション(調整)を行う必要があります。

 

設定・調整不足によるもの

機械のマニュアルがあれば、それを参考にする必要がありますが、3Dプリンターは効果的な情報が無いことも少なくありませんので、下記の点を参考にしてみて下さい。

 

  1. ノズルとプラットフォームの間隔は適正か?
  2. プラットフォームは平面になっているか?
  3. 流量は適正か?
  4. 形状は適正か?
  5. 充填率は適正か?
  6. モデルとサポートの間隔は適正か?

 

①ノズルとプラットフォームの間隔は適正か?

下記のようなシックネスゲージ等を使って、プラットフォームとのスキマ調整を行いましょう。

 

機械によって調整方法は異なります。 プラットフォームの高さをネジ調整するものもあります。

 

②プラットフォームは平面になっているか?

プラットフォームが平面になっていない場合は、キャリブレーション(調整)をするようにしましょう。

 

こちらも機械によって調整方法は異なりますが、プラットフォームの場所ごとにネジ調整するタイプもあります。

 

③サポート流量は適正か?

スライサーソフトで、「サポート材の流量」が適正になっているかを確認しましょう。

 

通常は100%になっているかと思いますが、10%~20%程度減らすことで剥がしやすくすることができます。

 

下記の写真は、エラストマー(ゴム系)でサポートを建てて除去した後の写真です。

サポートが残った画像

100%の方はモデルから剥がしきれていません。流量を80%に減らすことで剥がしやすくなります。

 

④サポート形状は適正か?

サポートを除去しやすい形状になっているかを確認しましょう。

 

サポートの形状は「線状」や「格子状」や「直線」、「ハニカム」など選ぶことができます。

 

「線状」や「直線」などは剥がしやすい形状ですが、反対に避けた方が良い形状は「格子状」「ハニカム形状」などになります。

 

⑤サポート充填率は適正か?

サポートの密度(充填率)が多いと、剥がしにくい原因となります。

 

サポートの密度が多いと「強いサポート柱」になってしまうので、除去が困難になります。

 

そのためサポートの充填率を適正にする必要があります。ABSやPLAであれば15%~20%ほどで設定しましょう。

 

⑥モデルとサポートの間隔は適正か?

モデルとサポートの間隔」が適正になっているかを確認しましょう。

 

一般的には、「1層分程度のすき間」が空いている必要があります。

 

たとえば右下の写真は、間隔が無さ過ぎてサポートが剥がれない場合の例です。

サポート材が残った画像

モデルとサポートは、密着させすぎずに設定する必要があります。

 

樹脂によるもの

樹脂によっては、剥がしにくくなってしまうものがあります。

 

  • PLA
  • ABS
  • PC

 

 

まとめ

サポートが剥がれない理由

項目 対処方法

1.

機械不良によるもの ①ノズルからの排出量は適正か確認する。
②プラットフォームが平面になっているか確認する。
2. 設定・調整不足によるもの ①ノズルとプラットフォームの間隔は適正か?
②プラットフォームは平面になっているか?
③流量は適正か?
④形状は適正か?
⑤充填率は適正か?
⑥モデルとサポートの間隔は適正か?
3. 樹脂によるもの サポートに向いている樹脂
・PLA、ABS、PCサポートに向かない樹脂
・TPU、PA、PP

 

おすすめ記事

サポート材を剥がしやすくするための工具を紹介していますので、参考にしてください。
関連記事

3Dプリンターを使っていると、「サポート材の除去作業」というのが必ず発生します。   除去するには「どういう工具を揃えればいいの?」や「あると便利なものって何?」などの疑問をまとめましたので、少しでも手助けになれば幸いです[…]

おすすめのサポート材除去に必要な工具