サポート材の除去に必要なおすすめ工具

3Dプリンターを使っていると、「サポート材の除去作業」というのが必ず発生します。

 

除去するには「どういう工具を揃えればいいの?」や「あると便利なものって何?」などの疑問をまとめましたので、少しでも手助けになれば幸いです。

 

そもそもサポートってなに?と言う方は、下記の記事を合わせてご覧ください。
関連記事

  3Dプリンターのサポート材の役割とは? 今回は、3Dプリンターでは当たり前のように使用される「サポート材」についてまとめます。   サポート材とはどのような意味でしょうか? なぜサポート材は必要なので[…]

 

サポート材を除去する工具は安いものでもいいの?

最近では、100均などでも安い工具が販売されていますね。

 

では安いものでも、問題はないのでしょうか?

 

結論としては、「工具によって、買い分ける」ということが大切になります。

 

例えば、必要な工具のひとつに「精密ニッパー」があります。

 

この工具は、ある程度良い物を使うことをオススメします。

 

その理由としては、下のように可動部がズレてしまうと「刃のかみ合わせ」が悪くなり、カットしにくくなります。

ニッパーの刃がズレてしまう

その結果、無理にカットしようとして、モデルを破損させてしまうこともあります。

 

また、安く済ませても良い工具は、「ピンセットやカッターナイフなど」があります。
これらは、可動部がない工具ですので、影響は比較的少ないです。

 

  • 精密ニッパー
  • ラジオペンチ

 

  • ピンセット
  • カッターナイフ

 

サポート材の除去に必要な工具

では、作業に必要な工具をご紹介していきます。

 

①精密ニッパー

サポート材をカットしたり、剥がす際などに使用します。

 

大きいニッパーはあまり使用しませんので、小さいニッパーがあれば良いでしょう。

 

また、サポート除去以外の使い道として、フィラメントをカットしたり、糸引きを除去することにも使用します。

 

②精密ラジオペンチ

サポート材を除去する際に、強めの力がほしいときに使用します。

サポート材をラジオペンチで除去する

あまり大きすぎると扱いにくいので、こちらも小さめがオススメです。

 

また、サポート除去以外の使い道として、ノズルの取り外し時などにも使用します。

 

③精密マイナスドライバーまたはハンダ作業補助器具

取り切れなかったサポート材をこそぐ場合に使用します。

 

精密マイナスドライバーでもよいですが、プリント基板の修繕やハンダの補助器具で使う「ソルダーエイド、アシスト」などが最適です。

 

また、サポート除去以外の使い道として、糸引きやバリの除去にも使用します。

 

④カッターナイフ

取り切れなかった細かいサポート材を、カットしたい場合に使用します。

カッターでサポート除去する

カッターナイフで力が加えられない場合は、ハンダ作業補助器具のナイフなどで代用します。

 

こちらも糸引きやバリの除去にも使用することがあります。

 

⑤ピンセット

カットしたサポート材を除去したり、手の届きにくい場所への作業に使用します。

 

どれを選んでいいか分からない場合

最近では、3Dプリンターに特化した工具セットも販売されています。

 

選んでいる暇がない方や、どれを選んでいいか分からないという方は、工具セットがオススメです。

 

おすすめ記事

今回はサポート除去にしぼってまとめましたが、他に必要な備品をまとめていますので、ご確認下さい。
関連記事

3Dプリンターを使うには、どのようなものを用意しておけばよいのでしょうか?    実は3Dプリンターは、「方式」によって必要な備品が違います。   例えば家庭では「FDM方式」と「光造形方式」が使われてい[…]