とにかく短時間で造形する5つのコツ

とにかく短時間で造形する5つのコツ

FDM方式の3Dプリンターでは、「とにかく早くプリントしたい」という場合があります。

 

今回は、5点に絞ってポイントをまとめます。

 

では早速、順番にご説明していきます。

 

①充填率を下げる

充填率の値を少なくすると、造形の時間を短くすることができます。

 

充填率とは「外からは見えない中身の密度」のことです。

 

また充填率については、下記の記事でくわしく説明していますので参考にして下さい。

関連記事

3DプリンターのFDM(熱溶解積層)方式では、よく使用するワードとして、流量や充填率があります。それらの設定を調整することで、様々な種類の造形が可能になります。用語の意味や特徴などを、実体験の情報を元に解説したいと思います。 &nbs[…]

 

そして充填率が違うと、↓のように「造形時間」が異なります。

充填率による造形時間の違い

↑上記の例だと、1時間ちかくの差が発生していますね。

 

また、下記のデメリットもありますので、認識しておきましょう。

  • 強度が弱くなる

 

②造形スピードを上げる

造形スピードを上げることで、造形の時間を短くすることができます。

 

↓スピードを上げるには、スライサーソフト上の「印刷速度」等の値を変更します。

造形スピードの変更方法

 

ためしに下記のモデルを異なる速度でスライスした場合・・・

ペンケースをスライス

 

下記のように大きく時間が変わりました。

速度による造形速度の違い

 

今回は全ての造形エリアを一括で変更しましたが、スライサーソフトによっては、造形エリアによって細かく速度を変えることができます。

 

例えば、目にふれやすい表面部や外壁部」だけを遅くすることもできますので、詳しくは↓の記事を参考にして下さい。

関連記事

本記事について 【速度が遅いときれいに仕上がるのかを検証!】 FDM方式の3Dプリンターで、速度を変えるとどのような影響が発生するのでしょうか?   実際に検証した内容をお伝えできればと思います。 &nb[…]

 

また以下のようなデメリットもありますので、認識しておきましょう。

  • 表面が荒くなりやすい
  • 定着が甘くなりやすい
  • 機器への負担がかかりやすい

 

③積層ピッチを厚くする

積層ピッチ(レイヤーの高さ)を厚くすることで、造形時間を短くすることができます。

 

積層ピッチとは、「1層あたりの厚さ」のことです。

 

当然、厚いほうが造形時間を短くすることができます。

 

ためしに下記のモデルをスライスして試してみます。

ペン立て

 

積層ピッチが厚い場合と薄い場合の時間差

↑結果は、0.1mmピッチよりも0.3mmピッチの方が短時間で造形を行うことができます。

 

積層ピッチを厚くした際は、以下のようなデメリットもありますので、認識しておきましょう。

  • 積層痕がめだつようになる。

 

下記に積層痕の見え方の比較画像を載せておきます。

0.16mmと0.3mmの積層ピッチ(レイヤーの高さ)の比較

 

④モデルの置き方を変える

モデルの置き方によっても、造形時間を早めることができます。

 

ためしに厚さ2mm程度の板を「寝かせて」スライスします。

板の形状をスライス

 

次にモデルを「立てて」スライスします。

板を立てて造形

↑寝かせて造形する方が早くなりました。

 

よってモデルを低く置いたほうが早い。ということになりますが、2点ほど注意点があります。

 

1.立てた方が早い場合がある

基本的にはモデルが低くなるような置き方で問題はありませんが、、積層ピッチを厚くした場合は、立てた方が早く造形できることがあります。

 

とにかく速さを求める場合は、あえて高くなる置き方をして、積層ピッチを厚くするというのも1つの手段です。

 

2.ラフトを有効にして寝かせると遅くなる

ラフトとは、「仮のテーブル」のことです。

 

ラフトの意味や役割については、下記の記事をごらんください。

関連記事

FDM(熱溶解積層)の3Dプリンターでよく使用されるラフトやスカートという機能はご存じでしょうか?   今回は、それぞれの「役割」や「使いどころ」なんかを詳しく解説したいと思います。   ラフトと[…]

 

モデルを寝かせると面積が広くなるので、多くのラフトが必要になります。その結果、プリントに時間がかかってしまうのです。

 

とは言え、縦置きした際は、強度が低くなりやすい(積層割れのリスク)が増えますので、このあたりも予め認識しておきましょう。

 

⑤ノズル径を大きくする

ノズルとは、樹脂を排出するパーツです。

 

溶かされた樹脂はノズルから排出されますが、排出口にはサイズに違いがあります。

 

たとえば、0.2mm経口、0.4mm経口、1mm経口など、サイズは様々です。

 

近年では、色々なサイズのノズルを安価に購入することもできます。

 

このサイズのことを「ノズル径」と言います。

 

このノズル径によって、「1本1本の線の太さ」が変わります。

 

その結果、ノズル径を大きくすれば早くプリントが完了します。

 

試しに下記のモデルをスライスしてみます。

ペン立て

 

結果は下記のようになりました。

ノズル径を変えた場合の速度の違い

↑1時間近くかわりましたね。

 

また、ノズル径を大きくした際のデメリットもありますので、認識しておきましょう。

  • 表面と底面の見栄えが変わる

 

下記は、ノズル径が違う場合の比較写真です。

0.2mmノズルと0.6mmノズルの線の比較画像

↑0.6mmノズルの方が、造形線が目立っていることが分かります。

 

まとめ

とにかく早く造形したい場合は、下記の点を注意してみてください。

項目 デメリット
充填率を下げる 強度が落ちる
造形スピードを上げる 表面が荒くなりやすい
定着が甘くなりやすい
機器への負担がかかりやすい
積層ピッチを厚くする 積層痕がめだつようになる。
モデルの置き方を変える 高さのある置き方は、強度が低くなりやすい
(積層割れのリスク)
ノズル径を大きくする 表面と底面の見栄えが変わる

 

おすすめ記事

今回は、造形速度にスポットをあててみましたが、「とにかく頑丈なものを造形するコツ」という内容もまとめましたので、ご覧ください。

関連記事

今回はFDM方式の3Dプリンターで「とにかく頑丈なものを造形するコツ」をまとめます。   もっと強度がほしい場合などに参考になれば幸いです。   (adsbygoogle = windo[…]

とにかく頑丈なものを造形する5つのコツ