おすすめのPETGフィラメントで色々造形してみる

PETGベンチマーク

3Dプリンターでは、残念ながら「造形に失敗する」ということがよく起きます。なぜなら樹脂にはたくさんの種類があり、特性がそれぞれ異なるからです。

 

そこで、失敗しにくい樹脂の一つである「PETGフィラメント」を使ってみました。

 

実際にいくつかのモデルを作りましたので、少しでも参考になれば幸いです。

 

PETGフィラメントの特徴

簡単に特徴をまとめます。

 

1.作りやすい・失敗がすくない

反りや積層割れなどが起きにくくオーバーハング部やブリッジ部も、精度良く作ることができます。

 

プラットフォームの温度は60℃くらいで問題ないので、PLAに近い感覚で作ることができます。

 

2.表面に光沢がある

造形物の表面には強い光沢がありますが、ヤスリ掛けをするとなくなります。

 

3.糸引きが発生しやすい

糸引きが発生しやすいので、あまりひどい場合は1個ずつ造形したり、温度調整の対応がおすすめです。

 

4.価格が安い

コンシューマー向けのフィラメントは、1000円台~2000円台で購入することができます。

 

ABSやPLAとあまり変わらない価格帯で販売されています。

 

今回試すフィラメント

今回はその中でも評判の良い、TINMORRYのPETGフィラメント(黒)を使っていくつか造形してみます。

PETG TINMORRYのPETGフィラメント

 

造形するモデル

下の画像のようなモデル達を、一括で造形したいと思います。

PETGで造形するモデル

 

条件は下記のとおりです。

項目 設定値
ノズル径 0.4mm(真鍮)
積層ピッチ(レイヤーの高さ) 0.2mm
ノズル温度 220℃
プラットフォーム温度 60℃
充填率 10%
サポート材 なし

 

造形結果

造形中は詰まりや失敗は起きずに、安心して見ていられました。

 

では早速、造形結果をみていきます。

 

1.オブジェ

PETGで造形_オブジェ

簡単な形状でしたので、特に問題なく作れています。
やはり強い光沢がでています。

 

2.ブロック

PETGフィラメントでブロックを造形

ABSの樹脂だと表面部が盛り上がることもありますが、PETGでは問題ありません。

 

PETGでブロックを造形

隙間なく合体できます。樹脂の膨張なども特に見受けられませんでした。

 

3.試験棒

PETGで試験棒

割れ方や曲がり方を確認するために、棒を造形しました。

 

PETGで作った棒を曲げる

バキッっと割れるかなと予想しながら曲げてみます。

 

PETG試験棒を曲げる

結果は、そのまま曲がりました。パキッと割れる感覚はありませんでした。
充填率は10%で作っていますが、結構頑丈です。

 

4.船

次はベンチマーク用の船です。

PETGベンチマーク船

これが非常に良くできていました。細部を見ていきます。

 

PETGベンチマーク船、オーバーハング

船首のオーバーハング部は、きれいに造形されています。
またブリッジ部は、樹脂ダレもなく仕上がっていました。

 

PETG底面部

底面部の文字もきれいに造形されていました。

 

他のモデルも一括で造形しましたが、糸引きの症状はほぼありませんでした。

 

糸引きは、ある程度は覚悟していましたので意外でした。

 

試したフィラメントの結果

糸引きもなく、造形物の表面もしっかりと再現されていたので、正直驚きました。

 

価格もリーズナブルなので、非常にコスパの良いフィラメントだと感じました。

 

まとめ

項目 説明
PETGフィラメントの特徴 ・作りやすい、失敗がすくない
・表面に光沢がある
・糸引きが発生しやすい
・価格が安い
TINMORRYのPETGフィラメントで造形した結果 ・失敗しにくい
・光沢がある
・糸引きはほぼ発生しなかった
・オーバーハングやブリッジがきれいにできた

 

関連記事

PETGフィラメントの基本情報をまとめましたので、参考にしてください。
関連記事

近年話題のPETGフィラメントとは、どのような樹脂でしょうか?   ここでは、FDMの「3Dプリンターを使う上での特徴」をまとめていきたいと思います。   (adsbygoogle […]

PETGアイキャッチ用画像