フィラメントの保管に真空パックを使うべき理由【おすすめ】

フィラメント_真空パック

フィラメントの保管について、こんな悩みはありませんか?

・ どうやって保管していいか分からない。
・ 長い期間、保管したい。
・ 吸水率の高いフィラメントを保管したい。
・ かんたんに保管したい。

 

この記事では、以上のような疑問を解消しています。

 

私自身、業務用3Dプリンターのサポートを行っておりますので、この経験がお力になれれば幸いです。

 

吸湿させてはいけない理由

フィラメントに湿気が帯びてしまうと、「仕上がりが悪くなる」ノズル詰まり」などの症状が起きます。

 

本記事では割愛しますが、もっと詳しく知りたい方は↓の記事を参考にして下さい。

関連記事

3Dプリンターで、こんな悩みはありませんか? ・ 仕上がりが良くない。 ・ 糸引きが多い。 ・ フィラメントがパキパキ折れる。 ・ フィラメントが湿気ている。   それは「フィラメントの防湿・乾燥・保管方法[…]

【解決】フィラメントを防湿・乾燥・保管する方法

 

保管方法の問題

フィラメントを保管するときは、以下の2点がよく問題になります。

 

① 空気が残ってしまう

↓のように、通常のジップロックは、中に空気が残ってしまいます。

フィラメント_真空パック_ジップロックの問題点

1回程度であれば問題ありませんが、これを何度もくりかえすと吸湿が早くすすみます。

 

② 閉め方が甘くなりやすい

通常のジップロックは、スライダーが付いていない上、ファスナーが一つしかありません。

フィラメント_真空パック_ファスナーが一つ

↑スライダーを使わないと、閉め方が甘くなり、密閉状態になりません。

 

ひとたび吸湿すると元に戻らない

ひとたび吸湿したフィラメントを、完全に除湿するのは難しくなります。

 

私も実際に試したところ、フィラメントドライヤーを使っても、完全に乾燥することはできませんでした。

 

つまり、最初に保管するときの対策が、とても大切になります。

 

真空パック(圧縮袋)をオススメする理由

保管に、真空パック(圧縮袋)をオススメする理由は以下の3つです。

 

① 空気をぬくことができる

密閉できることに加えて、空気を抜くことができます。

真空状態にすることで、ある程度の長い間、保存することができます。

 

② かんたんに使える

ご家庭にあるような掃除機で、かんたんに真空状態にできます。

フィラメント_真空パック_家庭用掃除機を使う

 

↓圧縮袋には、丸い穴が空いています。

フィラメント_真空パック_穴から空気を吸い込む

↑ここから空気を吸い出せば、真空状態をつくることができます。

 

③ まとめて保管できる

大きめの圧縮袋を使えば、一袋にまとめて保管できます。

1個ずつ入れてもいいですし、何個か入れることもできます。

フィラメント_真空パック_まとめて保管

↑左が1個で、右が2個入れた例です。

 

またボックスに比べて、省スペースで保管することができます。

 

真空パック(圧縮袋)を使った保管方法

私が実践している、使い方をご紹介します。

 

まず圧縮袋にフィラメントを入れます。

フィラメント_真空パック_

 

この時に、乾燥剤(シリカゲル)を一緒に入れておきます。

フィラメント_真空パック_シリカゲル

 

乾燥力がもっとほしい場合

その場合は、「強力乾燥剤」というものがあります。

↑シリカゲルの4倍~7倍の吸湿力があります。
吸水率の高いフィラメントや、状態が良くない場合にオススメです。

 

強力乾燥剤の効果を実際に検証しましたので、↓も参考にして下さい。

関連記事

保存・保管で、こんなお悩みはありませんか? ・ カビ、錆(サビ)、腐食が起きやすい。 ・ 品質がすぐに悪くなってしまう。   心当たりのある方は「除湿」がうまくできていないかもしれません。   […]

【強力乾燥剤 VS シリカゲル】OZO-Zの湿度の下がり方がすごい

 

スライダーを動かして、ダブルファスナーを閉めていきます。

フィラメント_真空パック_スライダー

↑このとき、強めの力でスライドすると、しっかり密閉できます。

 

丸いフタを開けて、掃除機で吸い込みます。

フィラメント_真空パック_掃除機吸出し口

 

すかさずフタを閉めれば、完了です。

 

わが家では、あまった圧縮袋を、衣類やコメを保管するために使っています。

 

おすすめの真空パック(圧縮袋)

ZWMY 圧縮袋6枚組【60 * 40cm】掃除機対応

本来は、衣類や寝具を入れる袋ですが、フィラメント保管にも有用に使えます。

 

① サイズ感がちょうど良い

1枚で、フィラメントを2個入れることができます。

ボックスタイプではないので、保管はかさばりません。

 

② ダブルファスナー

ダブルファスナーになっているので、密閉漏れしにくいです。

フィラメント_真空パック_ダブルファスナー

 

③ 密閉スライダー付き

専用スライダーで締めれば、すばやく確実に密閉することができます。

フィラメント_真空パック_スライダー

↑どこかの口が開いているということが無くなります。

 

3Dプリンター用真空パック・ポンプ付き

3Dプリンターフィラメント用に、ポンプ付きの真空パックが売っているようです。

掃除機がない人は、こちらでも良いかもしれませんね。

ただし、1パックにつき1つのフィラメントしか入れれないサイズです。

保管品がたくさんある場合は、注意しましょう。

 

おすすめ記事

以下の症状が起きる場合は、正しい防湿対策ができていない可能性があります。

・「仕上がりが良くない」
・「糸引きがおきやすい」
・「フィラメントが折れやすい」

 

↓の記事では、防湿対策をまとめていますので、参考にしてみてください。

関連記事

3Dプリンターで、こんな悩みはありませんか? ・ 仕上がりが良くない。 ・ 糸引きが多い。 ・ フィラメントがパキパキ折れる。 ・ フィラメントが湿気ている。   それは「フィラメントの防湿・乾燥・保管方法[…]

【解決】フィラメントを防湿・乾燥・保管する方法