PC(ポリカーボネート)フィラメントの特徴とは?

ヤスリ掛けされた造形物とされていない造形物

この記事について【PCフィラメントの特徴とは?】

PC(ポリカーボネート)は、耐衝撃性が高く、耐候性耐熱温度にも優れた樹脂です。

 

そのため、工業製品でのニーズは高く、さまざまな場面で使われています。

 

今回はそのPCの特徴を整理しましたので、3Dプリンターで取り扱う上で参考にしていただければと思います。

 

各樹脂の特徴について

比較用に、ほかの樹脂の特徴を掲載しておきます。

項目 ABS PLA PP PC PETG TPU PA 木質
1 全体的な造形のし易さ
2 テーブルの定着性
3 他の樹脂との相性 × ×
4 後加工のし易さ
5 匂いの無さ
6 湿気に対する強さ ×
7 価格
8 強度
9 耐熱温度

 

全体的な造形のし易さ 〇

下記のような症状が発生しやすい樹脂ですが、注意点を守れば扱いやすい樹脂となります。

・プラットフォームに張り付きやすい
・糸引きが発生しやすい

 

実際にPCを使って造形を行った記事がありますので合わせてご覧ください。

関連記事

この記事について【PC(ポリカーボネート)を検証】 この記事では、Polymaker製のPC(ポリカーボネート)を使い検証しています。造形時に起こりやすい症状や、その対処方法についてまとめていますので、造形成功への手助けになれば幸いで[…]

 

テーブルの定着性 ◎

テーブル(プラットフォーム)への定着性は良いです。

 

ところがプラットフォームによっては、ガチガチに張り付いてしまい、剥がすのが大変になる場合もあります。

 

その場合は3Mプラットフォームシートを使用したり、ガラステーブル上に糊などで定着させます。またはスライサーソフトで、流量などを調整することで剥がしやすくなります。

 

剥がしやすくする方法は下記の記事にまとめていますので、合わせてお読みください。

関連記事

プラットフォームから、造形物が剥がしにくくなったことはございませんか?   実はプラットフォームにガチガチに接着してしまうことはよくある話です。そこで今回は、その原因や対処方法についてまとめます。 &nb[…]

 

他の樹脂との相性 〇

PCで建てたサポートは、取りにくい傾向にあります。

 

要は同じ樹脂だとくっ付きすぎてしまう傾向があります。

 

その場合は、サポート専用樹脂を使用することが可能です。

 

サポート専用樹脂はPolysupportや水溶性サポートを使用することが可能なフィラメントもあります。

 

後加工のし易さ 〇

PCは、サンドペーパーを使用し表面を滑らかに仕上げることが可能です。

 

実際に耐水ペーパーで削ってみましたが、ABSに近い感覚がありました。
ヤスリ掛けに関しては、下記の記事で検証しましたのでご覧ください。

関連記事

ABSはもちろんですが、それ以外の樹脂にもヤスリをかけてみました。果たして使えるのでしょうか? ABS以外の樹脂にもヤスリをかけてみたらどうなるのかを検証!! みなさんは紙ヤスリや耐水[…]

 

匂いの無さ 〇

造形中の匂いについては、特に気になりません。

 

しかし粘着性が強く、ノズルに樹脂が付着しやすいので、長時間の稼働させるとコゲの匂いがする場合があります。定期的にノズルの表面を清掃するようにしましょう。

 

湿気に対する強さ 〇

ある程度、吸湿してしまいますので防湿対策は必要です。

 

湿気による反りや糸引きの発生が考えられますので、防湿BOXなどの利用を考えましょう。
関連記事

  フィラメントの問題点 フィラメント樹脂は湿気を吸収する性質があるため、そのまま常湿で置いておくと一気に状態が変化してしまいます。吸水率は樹脂の種類によって異なりますが、ひどい場合は1日~2日で吸湿具合を実感[…]

 

価格 〇

価格はあまり高くありません。

 

商用フィラメントだと1kgあたり6,000円~10,000円で購入できます。

 

家庭用3Dプリンターでも安価なものが販売されています。

 

強度 ◎

プラスチック系では耐衝撃性がかなり高いため代表的な樹脂となっています。

 

そのため、下記のような用途に使われています。

  • カメラのレンズ
  • ヘッドライトの外装カバー
  • 看板
  • 家電製品の筐体・カバー

 

<試験棒の折れにくさを比較>

試験棒を使って、PCとABSの折れにくさを比較してみました。

 

造形条件は同じにしました。

 

<手で曲げてみた感想>

手で曲げてみましたが、結果的には両方とも折れました。

感触としては、ABSよりもPCの方が硬く、戻ろうとする力を強く感じられました。

 

ABSも似た感覚はありましたが、PCの方が硬く感じることが出来ました。

 

耐熱温度 ◎

耐熱温度は110℃前後となっています。

 

しかしフィラメントによっては混ぜ物の関係で、もっと低い場合がありますので注意が必要です。

 

その他の特性

耐難燃性が高い

近年では難燃性」(燃えにくい)PCフィラメントも販売されています。

 

強度、耐候性、耐熱性に加えて難燃性が加わることで、より使用できる場面が広がります。

 

透明性が高い

透明性が高い為、カバーなどにも使用されます。

 

まとめ

PCをFDM方式の3Dプリンターで扱うには、多少のコツが必要となります。

 

プラットフォームに張り付きすぎたり糸引きが発生したりと問題もありますが、うまく解決できれば非常に有効な材料となります。また、PCで造形時の注意点や起きやすい症状を下記にまとめています。

関連記事

この記事について【PC(ポリカーボネート)を検証】 この記事では、Polymaker製のPC(ポリカーボネート)を使い検証しています。造形時に起こりやすい症状や、その対処方法についてまとめていますので、造形成功への手助けになれば幸いで[…]