テープはがしカッターをスクレーパーとして使う

テープ剥がしカッターニトムズ

造形物をプラットフォームから剥がしにくいと感じることはありませんか?

 

今回は、剥がすのに便利な「テープはがしカッター」の特徴をまとめました。

 

※本来の用途と異なる場面も出てきますので、自己責任でお願いします。

 

テープはがしカッターの使用用途について

本来はシールや粘着フック、値札、ワッペンなどを剥がす時に使います。

シールやテープをはがす

また、小包を開梱するときに包装紙をカットしてみましたが、いい感じに使うことができました。

 

また、私の場合は3Dプリンターで作った造形物をプラットフォームから剥がすときに使っています。

造形物をテープカッターで剥がす

大きい造形物だとはやりスクレーパーを使う必要もがありますが、小さいもので取っ掛かりを作りたい場合はこれを使っています。

 

テープはがしカッターの特徴について

この商品の特徴をまとめました。

 

1.持ちやすく、扱いやすい

シールやテープを剥がすツールなので、コンパクトなサイズです。

また、重量も軽いので非常に扱いやすくなっています。

テープ剥がしカッターニトムズ

 

2.ほどよく鋭利になっている

カッターだと指などを切ってしまい危険ですが、この商品は「ほどよく」鋭利になっています。

刃の部分

そのため、ケガをしにくくなっていますので、子供でも使えるかと思います。※パッケージの裏面には「刃物」の記載がありますので、取り扱いは十分に注意する必要があります。

 

試しに刃先の厚さを確認してみたところ、およそ0.1mmでした。

テープカッターの刃の厚み

一般的なスクレーパーは0.5mm前後なので、鋭くなっているのが分かります。

 

↓はスクレーパーの刃の厚み例です。

 

3.柔軟性がある刃

刃の部分は、柔らかすぎることはありませんが、抑えると↓のようにしなります。

柔軟性のある刃

そのため3Dプリンターでは、刃を折らないように力任せに使わないことが大切です。

 

スクレーパーの必要性について

3Dプリンターで使う場合、テープカッターだけで問題ないのでしょうか?

 

小さい造形物やPLA樹脂であればテープはがしカッターで事足りるかと思います。

スクレーパーを使う場面

ですが「大きいもの」や「強い樹脂」を使う場合は、やはりスクレーパーを使う場面がでてきます。

 

スクレーパーは、グリップ部やストローク部がしっかりと確保されているので、刃が折れたり力が入れにくいといった心配がありません。

スクレーパーの特徴

 

詳しくは、↓のスクレーパーの選び方もご覧ください。

関連記事

今お使いのスクレーパーに不満はありませんか?   今回は、3Dプリンターで使う「スクレーパーの選び方」についてまとめましたので、少しでも参考になれば幸いです。   スクレーパーとは? ス[…]

ステンレス製スクレーパー

 

まとめ

使用用途 シールや粘着フック、値札、ワッペンなどを剥がす役割。
3Dプリンターのスクレーパーとしての役割。
特徴について 1.持ちやすく扱いやすい
2.ほどよく鋭利になっている
3.柔軟性がある刃
スクレーパーの必要性 小さいものであればこれで剥がせるが、大きいものや強い樹脂はスクレーパーが必要。

 

今回の商品について

 

おすすめ記事

3Dプリンターのプラットフォームから造形物が剥がしにくいことはありませんか?

その場合は、↓の対処方法を参考にしてみて下さい。

関連記事

プラットフォームから、造形物が剥がしにくくなったことはございませんか?   実はプラットフォームにガチガチに接着してしまうことはよくある話です。そこで今回は、その原因や対処方法についてまとめます。 &nb[…]